WEBディレクターで年収50万円UPの転職サイト!

WEBディレクターにオススメの4つの資格!好条件で転職もできる!

皆さんは資格は何のために取得しますか?
私はキャリアアップや昇格条件のため、資格を取得します。

今回ご紹介する資格は以下の方々にオススメです。

  • WEBディレクターとして箔をつけたい
  • WEBディレクターでキャリアアップを考えている
  • 未経験でWEBディレクターに転職した

WEBディレクターは資格なしでも仕事に就けますが、資格をとることでWEBディレクターとして幅広く、より深い知識を身につけることができます。
さらに、今後のキャリアアップを考えると当然、転職することもあるでしょう。
その時、転職活動を有利にするため、資格取得はオススメです。

私も今回オススする資格を取得しており、転職活動の時に役立ちました。
資格によっては、転職時の転職条件を交渉する際、年収アップなど好条件で転職できることもあります。
ちなみに、転職はレバテックキャリアを利用して、大手メーカー企業のWEBディレクターに転職しました。
⇒レバテックキャリの公式サイトはこちら。

転職だけで年収50万円アップ!WEBディレクターの仕事が楽しくなった体験談!

今回は私が実際にWEBディレクターとして働いてきた時、キャリアアップの転職活動で有利だと実感したオススメの資格について、ご紹介します。

WEBディレクターの仕事について、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

WEBディレクターにオススメの資格

では、早速、私がWEBディレクターにオススメする資格をご紹介します。
他に数多くのWEB資格がありますが、私が取得した資格しか、自信をもって紹介できないので、今回は私が実際に取得して良かったものだけ紹介します。

WEBリテラシー検定

WEBディレクター、WEBデザイナーに関わる最重要知識だけを集めて、その業務にかかわる人達の標準知識を高めるための資格です。
WEBリテラシー検定は以下のような方々にオススメの資格です。

  • 未経験者がこれからWEB業界に関わる人
  • WEBディレクターやWEBデザイナーとして知識の幅を広げたい人
  • 他業界ではあるが、実務でWEB担当者となり、最低限のWEB知識を学びたい人

私も新卒で入社した際に、上司から勧められて、WEBリテラシー検定の資格を取得しました。
カタカナが多くて中々覚えづらいWEB業界の専門用語でしたが、WEBリテラシー検定の参考書は非常にわかりすく、初心者の私でも十分に理解できました。

WEBリテラシー検定の資格の難易度は初心者向けとあって難しくなく、1ヶ月程度の勉強でWEBリテラシーの資格を取得できました。
WEBリテラシー検定の勉強をするなら、公式の参考書で勉強するのがオススメです。
WEBディレクターで経験豊富な人は、もしかすると勉強なしで受かるかもしれません。笑
立派な資格なので、もちろん転職する際に、履歴書の資格欄にも記入できるので、採用担当者へのアピールにもなります。

今、業務に携わっている人が必ずしも必要なものではないのですが、勉強しておいて損はないです。
普段、要件定義しかしていない人も自分の知識を広げるには、オススメの検定です。

早速、WEBリテラシー検定を受験したいという方は、公式サイトで詳細を確認してみてください。
⇒WEBリテラシー検定の公式サイトはこちら。

マーケティング・ビジネス実務検定

WEBディレクターはクライアントの事業戦略を理解し、市場に対してどのような価値をWEBサイトを通じて伝えるかを考えなければなりません。
そのため、サイト制作を行う上で、マーケティングの知識は非常に重要です。

そこで役立つ資格がマーケティング・ビジネス事務検定です。
マーケティング・ビジネス事務検定はWEB業界に限らず、全業界で共通のマーケティング知識全般を学ぶことができます。

以下のような方々にオススメです。

  • WEBサイト・ECサイトの売上を伸ばしたい
  • 新規事業の販路としてWEBサイトを活用したい
  • メーカー企業のWEBディレクターに転職したい

マーケティング・ビジネス事務検定は全部でA級、B級、C級の3段階の試験レベルがあり、それぞれ以下のような試験レベルとなっています。

  • A級:マーケティング・戦略レベル/マネジメントレベル(戦略立案、意思決定や管理、判断業務ができるレベル)
  • B級:マーケティング・オペレーション応用レベル(業務の運営ができるレベル)
  • C級:マーケティング・オペレーション基礎レベル

マーケティング・ビジネス事務検定の難易度は、WEBリテラシー検定よりも難しいですが、公式の参考書を勉強すれば取得できる資格です。
勉強なしでも、マーケティング知識に自信があれば、資格取得できる人も多いと思います。

マーケティング・ビジネス事務検定のA級に関しては、マーケティング関連の法律等の幅広い知識が必要になるため、私は勉強しなければ到底資格取得は無理な試験でした。
ですが、A級に関しても勉強をしっかりとすれば、決っして難しくないレベルなので、是非、チャレンジしてみください。

マーケティング・ビジネス事務検定のオススメの受験方法はB級・C級を併願で受験して、A級は別で受験することです。
B級・C級はマーケティング知識の基礎にあたる試験のため、一気に受験してしまった方がマーケティング知識全般を学べるのでオススメです。

早速、WEBリテラシー検定を受験したいという方は、公式サイトで詳細を確認してみてください。
⇒マーケティング・ビジネス実務検定の公式サイトはこちら。

Googleアナリティクス個人認定資格(IQ)

Google社が無料提供しているWEB分析ツール「GoogleAnalytics」の習熟度を測る試験です。

未経験者がWEBディレクターに転職をする際、転職をかなり有利にします
ほとんどの企業がこの分析ツールを利用していますが、それを使いこなせる人は少ないからです。

例えば、訪問者数(UU数)やPV数、コンバージョンなど一般的なGoogleアナリティクスの分析方法を知っている方は多いですが、より深く分析する方法は実は知らないことが多いです。

・特定のランディングページからのコンバージョン数と離脱率
・特定ページから遷移したページの遷移率
・かご落ち率
・特定ページのデバイス別コンバージョン率

などなど、Googleアナリティクスは無料でありながらも、かなり詳細に分析することができます。

「あの分析データがみたい」と思っていても、見方がわからないって人は結構います。
それはWEBディレクターやメーカー企業のWEB担当者であってもです。

だからこそ、Googleアナリティクス個人認定資格を有する人は、企業側から見ても「お!」となる資格で、かなり重宝されます

未経験でWEBディレクターへの転職で不安に感じている人は、この資格を取って自信を持ちましょう!
実務経験者と対等にも戦える資格となりますので、是非オススメです。
Googleアナリティクス個人認定資格(IQ)の公式サイトはこちら。

基本情報技術者

基本情報技術者は経済産業省大臣が行う国家資格で、
対象者は「高度 IT 人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な活用能力を身に付けた者」としており、WEBディレクターの実務では少し役立つぐらいの資格です。

ですが、私がWEBディレクターにオススメする理由としまして、大手企業によっては採用条件の一つに基本情報技術者取得とあるケースがあります。
基本的にWEB制作会社に転職するのであれば、採用条件として掲載されることはありませんが、大手IT企業のWEB事業部に転職したいとなると、稀に採用条件に掲載されます。
もし、自分が選ぶ転職先の採用条件を見て、基本情報技術者取得があるようであれば受験しなければなりません。

基本情報技術者は情報処理技術者試験制度で1かる4まであるスキルレベル(試験難易度が高くなるにつれ、数字が大きくなる)のうち、スキルレベル2にあたります。
スキルレベル2は試験難易度もそこまで高くありませんが、IT技術について知識がないと合格が難しいので、勉強無しで受かることは難しいかもしれません。
私は独学で勉強して、基本情報技術者に合格することができました。
ここでは試験対策についての内容は割愛しますが、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ご興味があれば参考にしてみてください。

IT未経験の私が一発で基本情報技術者に受かった理由

WEBディレクターの実務で活きたことは、自社の制作チームとのコミュニケーションが円滑になったことです。
制作チームが話す内容はどうしても専門用語が多く、中々取っつきにくい話ではありましたが、基本情報技術者の勉強をしてからは全く苦になりませんでした。
制作チームが気にしている点を理解できるようになるので、クライアントと要件を整理する上で、あらかじめ内容を詰めていけるのは結構役立ちました。

また、転職をする際に、国家資格の資格取得者とかけるのは結構プラスの評価をもらえます。
もし、同じような能力をもった転職者が2人いて、どちらか一方を採用するとなった際に、資格取得者の方が採用される可能性が高いようです。
これは実際に採用担当者に聞いてみたので、恐らくほとんどの企業でそう判断されているのではないでしょうか。

WEBディレクターとしての付加価値を高める意味で、是非、基本情報技術者にもチャレンジしてみてください。

WEBディレクターに役立つ資格を取得して、転職でキャリアアップを目指す

冒頭でもお伝えしたように、WEBディレクターは資格がなくてもなれます。
もちろん、未経験でWEBディレクターに転職することもできます。

ですが、転職活動をより好条件で転職したり、他の転職希望者より少しでも優位になるために資格は有効です。

採用担当者の立場からすると、職務履歴書の実績をそのまま信じることは博打です。
書かれた文字を信用するしかないからです。

ですが、資格は違います。
資格は自分の知識や経験など実力を客観的に示す判断材料になるからです。

資格の難易度によって、その転職者の実力が採用担当者にはわかるため、自己アピールにも非常に有効となります。
なので、資格によっては採用担当者に好印象を与え、好条件で転職できます。

WEBディレクターの転職でキャリアップするなら、レバテックキャリアがオススメ

資格取得をきっかけに、転職を考えているなら、好条件で転職できる転職サイト「レバテックキャリア」がオススメです。
数多くある転職サイトの中でも、レバテックキャリアはWEB業界に精通した転職サイトで、WEB関連の求人数も業界No1です。
もちろん、WEBディレクターの求人数も一番多いです。

レバテックキャリアは求人数が多いだけではなく、優良企業の求人数も多く、好条件で転職しやすい転職サイトです。

私もレバテックキャリアを利用して、年収50万円以上アップで転職できました。

転職だけで年収50万円アップ!WEBディレクターの仕事が楽しくなった体験談!

レバテックキャリアは年収が数百万円もアップした実績もあります。

レバテックキャリアは登録料や年会費は無料です。
さらに、エージェントサービスで専属エージェントが転職活動全般をサポートしてくれますが、これも全部無料で利用できます。

レバテックキャリアはたった3分で登録が完了でき、手軽に始められます。
退会もWEB画面からワンクリックでできるので、登録だけして求人内容を見るだけでも有益です。

是非、資格を最大限に活用するために、レバテックキャリアも利用してみてください。
⇒レバテックキャリの公式サイトはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。