WEBディレクターで年収50万円UPの転職サイト!

先輩WEBディレクターのひろさんにWEBディレクターの仕事内容についてインタビューしてみた!

WEBディレクターの仕事って、実際に何をやっているのかイメージが掴みにくいですよね?
転職サイトでも色々と書かれているけど、結局よくわからない・・・

そこで!今回は現役の先輩WEBディレクターのひろさんに、WEBディレクターの仕事内容について、インタビューをしてみました!

ひろたさんは、WEBディレクター歴10年のベテランで、社内からの人望も厚い人です。
仕事でも、ネットショップの開設、大手企業のサイト制作、広告運用など幅広い仕事をバリバリとされています。

  • WEBディレクターはどんな仕事?
  • WEBディレクターの仕事に必要な能力は?
  • WEBディレクターの仕事でしんどいことは?
  • WEBディレクターの仕事で印象的なことは?
  • WEBディレクターの仕事で今後やってみたいことは?
  • WEBディレクターの仕事をやりたい人に向けたメッセージ

といった内容について、語っていただきます。

WEBディレクターの仕事は大変ですが、それを10年も続けて大きな成果も挙げて、かっこよすぎるひろたさんに、インタビューをできるのがワクワクします。

WEBディレクターはどんな仕事?

じょろ

お久しぶりです、ひろさん!今日はWEBディレクターの仕事について、インタビューをお願いします!
久しぶり、何か太った?笑
よろしくお願いします。

ひろさん

じょろ

(グサっ!)
えっと、、、早速、インタビュー始めます!
WEBディレクターの仕事って簡単に言うとどんな仕事ですか?
ざっくり言うと、建築士に似てるかな。WEBディレクターはクライアントの目的や要望を整理し、設計図を作って、それをデザイナーとエンジニアに伝えて、カタチを作ってもらう。こういった役割を担うのがWEBディレクターかな。

ひろさん

じょろ

確かに建築士に似てますね。
WEBディレクターの仕事はクライアントの要望を聞くだけと、よく勘違いされるけど、それだけじゃない。
その要望からWEBサイトの具体的なサイトマップを構成し、サイト全体を設計までする。

ひろさん

じょろ

サイト設計まで考えるとなると、WEBディレクターは設計図を作るアイディアを持っておく必要がありますね。
そうだね。常に最新の情報をキャッチアップし、幅広い業界のWEBサイトをチェックしておくことが大切だよ。

ひろさん

私もサイトはWEBディレクターの仕事は、クライアントの要望を整理する役割だけだと思い込んでいました。
実際にWEBディレクターの現場で仕事をすると、要件を整理しながらも、WEBサイト設計までイメージできなければ、クライアントに勝てるWEB戦略を提案できないことに気づきました。
WEBディレクターはクライアントの要望を応えるために、WEBサイト設計に関する知識も常にアップデートしておかなければいけません。

WEBディレクターの仕事に必要な能力は?

じょろ

先ほどWEBディレクターの仕事についてお話いただきましたが、その仕事こなすために、必要な能力は何でしょうか?
WEBディレクターの仕事で、絶対に必要となる能力はコミュニケーション能力です。

ひろさん

じょろ

コミュニケーション能力とは、クライアントとやりとりができることですか?
単に会話をするだけではダメ。コミュニケーション能力は具体的に言うと、クライアントの要望を聞き出すヒアリング能力、そして自分の考えを伝える能力の両方が備わっている能力。
どちらが欠けても、クライアントとのコミュニケーションがうまくいきません。

ひろさん

じょろ

なるほど、つまり伝える能力だけが長けていても、クライアントから聞き出した要望が誤ったものであれば、最終的なアウトプットが要望を満たさないわけですね。
そうだね。WEBディレクターが求められるのは、クライアントの抱える課題をクリアすること。
そのためには、クライアントから真の課題を聞き出し、それを解決する手段を見つけ、相手が理解できるように提案しなければならない。
クライアントにきちんとメリットが伝わらなければ、その提案内容に価値はない。

ひろさん

じょろ

なるほど、勉強になります。先ほど「解決手段を見つける」とありましたが、クライアントの課題を解決するためには、こちらもWEBディレクターとして必要な能力に思います。
その通り。WEBディレクターには、課題を解決する能力も必要。
クライアントの課題に対して、解決策を見出す能力がなければ、正直、WEBディレクターとして活躍するのは難しいだろうね。
ただし、課題を解決する能力は、決して難しい能力ではない。
これはWEBディレクターの仕事を現場で実践しながら身につくもの。

ひろさん

じょろ

確かに、どうしてもWEBディレクターとしての経験が浅いと、提案できる内容の幅や質も、ベテランWEBディレクターに比べて劣るものがあるので、経験で積み上げていくしかないですね。

WEBサイト制作はあくまで手段であり、制作することが目的ではありません。
クライアントの課題を解決する手段として、WEBディレクターはWEBサイト制作を行います。
そのため、クライアントの抱える課題を正確に把握し、その課題に対する最適な解決策を提案しなければなりません。

その課題解決をする能力は1日や2日で手に入るものではなく、さまざまなクライアントと関わり、経験を積み上げることで、その能力が磨かれていきます。

WEBディレクターの仕事でしんどいことは?

じょろ

WEBディレクターの仕事でしんどいことはありますか?
やっぱり、クライアントの数が多いことかな。それによって、残業が多くて、休日出勤も余儀なくされてる感じがしんどいね。
若い時は、全然平気だったのですが、段々と歳をとると辛いものがある。笑

ひろさん

じょろ

そうですね、学生時代なんて徹夜しても平気でしたけど、今なんて絶対無理ですもんね。笑
そうそう。笑
しんどいと思っていても、WEBサイト制作の需要はどんどん増えているんだよね。
そんな状況だから、クライアントの数は年々増えていて、基本的に仕事量が減ることはない。
だから、歳をとっても若い時と変わらない仕事量があるから、WEBディレクターの仕事は結構体力がいる。

ひろさん

じょろ

僕もクライアントを20社ほど担当していたので、結構体力がいりましたね。
回すだけで精一杯なところがありました。

WEBディレクターの仕事は、最近、ネットショップが盛んになったことで、需要が年々増加傾向にあります。
需要が増える分、当然ながら担当するクライアントの数も増えて、1人当たりの作業時間が増加することで、残業時間が多くなったり、休日出勤が多くなったりしているのが現状です。
なので、ひろさんが言うとおり、WEBディレクターの仕事は体力がいります。

WEBディレクターの仕事で印象的なことは?

じょろ

WEBディレクターの仕事をやってきて、印象的なことは何ですか?
そうですね、やっぱり一番はクライアントの課題を解決できたときです。

ひろさん

じょろ

確かに、私も解決できた時はWEBディレクターの仕事って楽しい!って思いました。
そうそう、クライアントから「ありがとう」と言われた時、やってよかったと思えるよね。
その経験をしたからこそ、どんなクライアントにも手を抜かず、期待に応えたい一心で仕事ができる原動力になっている。

ひろさん

じょろ

僕もしんどい時は、いつもクライアントの「ありがとう」を思い出して、頑張っています。
やっぱり、クライアントから初めて受けた感謝の言葉が、印象に残っていますよね。
それを経験したか、していないかは正直、今後のモチベーションにも大きな差があると思うね。

ひろさん

じょろ

僕もそう思います。

WEBディレクターの仕事は、基本的にクライアントと一緒に進めていきます。
二人三脚でクライアントの課題に対して、真剣に取り組むからこそ、その達成感は計り知れないものがあります。

特に新人WEBディレクター時代で経験したことは、今でも自分の印象的な経験として残ります。

WEBディレクターの仕事で今後やってみたいことは?

じょろ

10年以上もWEBディレクターとして活躍されているひろさんですが、今後、WEBディレクターとしてやりたいことはありますか?
これまではWEB制作会社のWEBディレクターとしてクライアントの課題を解決してきたけど、今度は事業会社のWEBディレクターとして働いてみたいかな?

ひろさん

じょろ

サラッと凄いこと仰ったのですが。笑
転職をするってことですか?
そうなるね。今まではクライアント起点で物事を考えていたけど、これからは事業起点で考えて、より一つのWEBサイトの課題を突き詰めていきたい。
だから、今のWEB制作会社だと実現できないからね。
あとは、本当はもっとこうした方が効果的なやり方があるのに、クライアントの事情でできなことも多くあって、そういったことを実現するには事業会社に入り込むしかないと思った。

ひろさん

じょろ

ひろさんなら、きっと事業会社でもバリバリのWEBディレクターとして活躍できると思います!
凄いプレッシャー。笑
でも、今からワクワクしていて、自分でもWEBディレクターの仕事に対して、これまでやってきた自信があるから、楽しみだよ。

ひろさん

じょろ

是非、頑張ってください!
ありがとう。

ひろさん

WEBディレクターの仕事を長く続けていると、クライアントの事情によって、振り回されることは多々あります。
私も実際に、効果が2倍、3倍見込める施策であっても、クライアントの事情によって、その効果の半分にしかならない施策を選択されます。
何かモヤモヤすますよね。
自分はもっと効果的な施策で、クライアントの課題を解決したいのに、それができなって結構辛いんですよね。

だから、私自身もWEB制作会社から事業会社のWEBディレクターに転職をしました。
WEB制作会社ではできなかったも、事業会社では施策もどんどん実現できて、その分評価もされるので、今まで以上に楽しく仕事ができています。
⇒⇒WEB制作会社から事業会社に転職した方法はこちら。

WEBディレクターの仕事で頑張りたい人に向けたメッセージ

じょろ

では、最後にこれからWEBディレクターの仕事で頑張りたい人にメッセージをもらえますか?
はい。私からのメッセージはシンプルで、WEB以外のことにも興味をもつ習慣をつけてください。

ひろさん

じょろ

それはどういった意味でしょうか?
WEBディレクターの仕事はWEB以外の知識も必要とします。
クライアントとコミュニケーションをとる上で、クライアントの業界知識は必要ですし、課題を解決する上で日常生活のちょっとしたところにも解決のヒントがあります。
だからこそ、WEBディレクターは常に、色々な情報にアンテナを張っておく必要があります。
もちろん、プロとしてWEBの知識は必須です。

ひろさん

じょろ

クライアントの課題を解決するためには、WEBだけの知識では不十分ということですね。
そうです。あくまでコンテンツを作ったり、デザインを作ったり、メルマガを送ったりするなどWEBは手段でしかありません。
クライアントの課題や目的が正しく整理できてことこそ、効果的な手段が明確になるので、そのために色々な知識が必要になります。
また、担当するクライアントの業界は幅広いので、色々なことに興味を持てることは、絶対に強みになります。

ひろさん

じょろ

確かに、私も印刷業界、医療業界、食品業界など幅広い業界を担当していて、それぞれで必要な知識は異なりました。
新人時代は結構、大変だったイメージがあります。
最初は大変だと思いますが、毎日ニュースアプリを読むなど習慣にしてしまえば、苦にはなりません。
歯を磨くのと同じ感覚です。

ひろさん

じょろ

勉強になります。本日のインタビューは以上となります。
ひろさん、本日は忙しい中、貴重なお話をありがとうございました!
いえ、こちらこそ楽しい時間でした。ありがとうございます。!

ひろさん

先輩WEBディレクターのひろさんは、相変わらず仕事ができるかっこいい先輩でした。
同じWEBディレクター同士とあって、今回のインタビューは刺激をもらうことことができ、まだまだWEBディレクターとして未熟だと実感しました。

ひろさんのお話にあったように、WEB制作会社に長く働くと、必ずといっていいほど、事業会社に転職を考える人が多いです。
私もその一人ですが。

キャリアアップの目的で転職する人もいますが、中にはWEB制作会社の過酷な労働に耐えきれず、事業会社に転職をする人もいます。
私自身もキャリアアップもありましたが、WEB制作会社のブラックすぎる労働環境では長くはもたないと考えて転職をしました。

是非、これからWEBディレクターとして頑張りたいと思う人は、WEB制作会社から事業会社への転職もキャリアアップとして考えてはいかがでしょうか。
⇒⇒WEB制作会社から事業会社に転職した方法はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。