WEBディレクターで年収50万円UPの転職サイト!

先輩WEBディレクターのゆうきさんにWEBディレクターの魅力についてインタビューしてみた!

先輩WEBディレクターのゆうきさんにWEBディレクターの魅力について、インタビューしました。

ゆうきさんは当時働いていた会社の僕の一つ上の先輩WEBディレクターです。

僕はゆうきさんから、WEBディレクターのイロハを教えてもらい、そのおかげで今は大手事業会社のWEBディレクターに転職できました。

  • これからWEBディレクターとして頑張る人
  • WEBディレクターの仕事に興味がある人

向けに参考となるインタビューです。
現役WEBディレクター今後の活動にきっと役立つはずです、

  • WEBディレクターの仕事に就いたきっかけは?
  • WEBディレクターの仕事の魅力をズバリ一言で言うと?
  • WEBディレクターの仕事で醍醐味は?
  • WEBディレクターの仕事で次にやってみたいことは?
  • 今後はどんなWEBディレクターになりたい?
  • WEBディレクターの仕事をやりたい人に向けたメッセージ

こういった内容で今回はインタビューをしました。

WEBディレクターの仕事に就いたきっかけは?

じょろ

お久しぶりです、ゆうきさん!
本日はよろしくお願いします。
どうも、よろしくお願いします。

ゆうきさん

じょろ

では、早速インタビューをはじめたいと思います。
まず、WEBディレクターの仕事に就いたきっかけは何でしょうか?
新卒で今の会社に入社したんだけど、当日は実はSE志望だった。

ゆうきさん

じょろ

マジですか?
初めて聞きました。笑
そうだっけ。笑
だから、最初からWEBディレクターに興味があって入社したんじゃなかったから、きっかけは人事からの命令かな。笑

ゆうきさん

じょろ

そうなりますね。笑
でも、元々興味がなかったWEBディレクターでずっと働かれているのは凄いことだと思います。
まぁ、最初は興味がなかったけど、仕事をしていくうちに、徐々にWEBディレクターの魅力にはまっていった感じかな。

ゆうきさん

じょろ

是非、そのお話も聞きたいです!

現役WEBディレクターの中には、元々SEの人だったり、WEBデザイナーだったり、中には経理の仕事をしていた人がいます。
幅広い仕事の人たちが、今も現役WEBディレクターで活躍できるのは、皆さんがコミュニケーション能力に長けているからです。

クライアントと直接会話をするWEBディレクターでは、コミュニケーション能力が必須です。
だから、未経験の人でもコミュニケーション能力を備えている人であれば、十分に活躍することができます。

WEBディレクターの仕事の魅力をズバリ一言で言うと?

じょろ

先ほど、徐々にWEBディレクターの魅力にはまっていったとのことでしたが、WEBディレクターの魅力って一言でいう何ですか?
一言で言うと、「稼げる仕事」かな。

ゆうきさん

じょろ

稼げるっって、どれくらい稼げるかにもよりますが、SEよりも稼げますか?
SEよりも稼げる仕事じゃないかな。
先輩WEBディレクターの中には、年収1,000万円以上の人もいるし、俺自身も結構稼いでるから、稼げる仕事だと思う。

ゆうきさん

じょろ

年収1,000万円・・・サラリーマンにとっては、一つのハードルともいえるので、魅力的ですね。
WEBディレクターの仕事は、稼ぐことしか考えていないからね。笑

ゆうきさん

じょろ

稼げることって、かなり具体的な値で設定できるので、わかりやすいですね。。
そうそう。だからこそ、モチベーションを高く仕事が続けられる秘訣だと思う。

ゆうきさん

じょろ

僕も若い間に稼げるだけ、稼ぎたい人間なので、WEBディレクターは向いてる仕事だと思いました。

WEBディレクターの仕事が人気な理由に、稼げる仕事ということが挙げられます。
私自身も同世代の年収に比べて、比較的年収が高い方だったので、WEBディレクターは稼げる仕事だと思います。

ただし、WEB制作会社で必ずしも高年収とは限りません。
もちろん、働く環境によって、年収は大幅に変わるため、若くして稼ぎたい人は、稼げる企業に身を置く必要があります。

WEBディレクターの仕事で次にやってみたいことは?

じょろ

長くWEBディレクターの仕事をされていますが、WEBディレクターの仕事で今後、やってみたいことはありますか?
BtoBのネットショップ構築をやりたいと思っている。
これまでは、企業サイトやBtoC向けのネットショップを中心に、WEBディレクターの仕事をしてきたが、新たな領域にチャレンジしたい。

ゆうきさん

じょろ

企業サイトやBtoC向けのネットショップの案件は多いですが、BtoB向けのネットショップは案件自体が少ないですよね。
恐らく今後はBtoB向けのネットショップのニーズがどんどん増えてくると思う。
今のうちに、少しでも多く経験をしておきたいんだよね。

ゆうきさん

じょろ

確かに、先駆けて実績をつくっておくことで、自分の経験はもちろん、会社としてもメリットは大きいですね。
まだネットショップに乗り出していないクライアントに対しても、提案の材料になって、新しい受注にも繋がるからメリットはかなり大きい。

ゆうきさん

じょろ

そうですね、会社の強みにもなりますね!

WEBディレクターの仕事は、ニーズが多様化することで、幅広くなってきている傾向にあります。
企業サイト制作中心だったWEBディレクターの仕事も、今やほとんどの案件がネットショップのサイト制作に変わってきています。
また、企業によっては、WEBディレクターはサイト制作以外にも、サイト運用や広告運用まで担当することもあります。

今後はどんなWEBディレクターになりたい?

じょろ

数々の案件を経験してきたゆうきさんですが、今後はどんなWEBディレクターとして活躍をしたいですか?
将来的にはどんな業界でも売れるネットショップを作るWEBディレクターとして活躍したい。

ゆうきさん

じょろ

それめちゃくちゃかっこいいですね!そのレベルまで達すると、個人経営者としてやっていけそうな気がします。
独立派考えていないけど、会社の看板がなくても、個人として信頼してもらえるWEBディレクターになりたいと思う。

ゆうきさん

じょろ

目標が高くて、素晴らしいです!でも、ゆうきさんなら近い将来には実現してそうです。
さりげなくプレッシャーを与えてくるね…その期待に応えられるように頑張りますわ。笑

ゆうきさん

自分なりのWEBディレクターの将来像を、ぼんやりとでも描いておくことで、仕事へのモチベーションは大きく変わります。
ゆうきさんが仰ったように、個人で信用されるようになれば、転職で成功できることはもちろん、独立も夢ではありません。

また、WEBディレクターとしての実績をあげることで、事業会社がネットショップの担当者としてヘッドハンティングするケースも少なくありません。
キャリアアップのためにも、WEBディレクターとしてどんな活躍をしたいか、実績をあげたいかを考えておくことは大切です。

WEBディレクターの仕事をやりたい人に向けたメッセージ

じょろ

最後に、WEBディレクターの仕事をこれから頑張る人、WEBディレクターの仕事に興味がある人に何かメッセージをもらえますか?
大したことは言えませんが、仕事をする上で、自分が一番大切にしていることは何かを明確にしておくことが大切だと思う。

ゆうきさん

じょろ

つまり、どういうことでしょうか?
例えば、俺なんかだと一番大事なのは、その仕事が稼げる仕事であるかどうか。
今のWEBディレクターの仕事は稼げるから、多少のしんどいこと、つらいことがあっても、全然平気でモチベーションは維持できている。
でも、自分の中で、そういった軸となる考えがなければ、すぐに仕事を辞める発想になってしまう。
それって、勿体ないよね。
もう少し続ければ、実は自分の天職だったなんてことも、あるわけだから。

ゆうきさん

じょろ

確かに、それってめちゃくちゃ大事だと思います。
僕は「やりがい」なんてものは、あまり信じていなかったからね。笑
だから、俺は簡単に判断できる基準として、稼げるかどうかを自分の中で大事な基準とした。

ゆうきさん

じょろ

「やりがい」って結構ボヤっとてしますもんね。それを求めること自体、結構大変なことなんですね。
人それぞれと言ってしまえば終わりかもしれないけど、自分で測れるものの方が仕事へのモチベーションを維持できる。
その中で、WEBディレクターは稼げる仕事だから、もし仕事で稼ぎたいと思う人は、WEBディレクターはオススメだね。

ゆうきさん

じょろ

勉強になりました!僕自身も色々と考え直す点が見つかったので、お話できて良かったです。
本日はお忙しい中、インタビューの機会をいただき、ありがとうございました!
いえいえ、こちらこそ、ありがとうございました。

ゆうきさん

WEBディレクターに限らずですが、仕事を継続的に続けるにはモチベーションの維持が大切です。
今回、インタビューをさせていただいた先輩WEBディレクターのゆうきんさんにとって、それは「稼ぐこと」でした。

これからWEBディレクターとして頑張る人、WEBディレクターの仕事に興味がある人は、何のためにWEBディレクターの仕事をするのかを考えて取り組んでみてください。
WEBディレクターの仕事では本当に色々なことが起こります。
ですが、自分が仕事をする上で大切にしていることを決めておけば、きっと仕事でしんどかったり、つらかったりしても踏ん張れるはずです。

是非、これからの活躍に役立てていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。