WEBディレクターで年収50万円UPの転職サイト!

未経験でWEBディレクターに転職できる志望動機はコレ!

転職サイトに登録して、「未経験歓迎」の求人に応募すれば、未経験でもWEBディレクターに転職できると、簡単に考えていませんか?
それは甘い考えです。

実際には未経験でWEBディレクターに転職するのは、もの凄くハードルが高いものです。
実務経験者も同じ求人を見て応募するので、未経験は単純に採用担当者の興味の範囲から外れてしまいます。

では、未経験が実務経験者よりも魅力的な人材としてアピールするにはどうすれば良いか。
答えは簡単で、実務担当者よりも魅力的な志望動機をアピールすることで、採用担当者の心をグッと惹きつけることです。

要は技術や経験はないが、WEBディレクターの仕事への情熱は誰にも負けない志望動機を伝えることが重要です。
そのためには、志望動機を想い付きでしゃべるのではなく、採用担当者に響くような考え抜いた志望動機が必要です。

これから、そんな魅力的な未経験でもWEBディレクターが転職できる志望動機についてご紹介します。

ただし、この記事を読んでいただいても、志望動機を考えるのが苦手な方もいるでしょう。
そんな方には、リクルートエージェントの無料相談で、志望動機を作成するのがおすすめです。

転職のプロに効くのが最も効率的がよく、さらに各求人に合わせた志望動機のアドバイスもしてくれるので、非常に参考となります。

志望動機を考えることに行き詰っている方にも、リクルートエージェントはおすすめです。
なんせ、無料で相談できるので使わない手はないです。
⇒志望動機の無料相談ができるリクルートエージェントの公式サイトはこちら。

では、早速、未経験でもWEBディレクターに転職できる志望動機の考え方や例文について、ご紹介します。

未経験でWEBディレクターに転職できる志望動機

では、これから未経験でもWEBディレクターに転職できる、具体的な志望動機についてご紹介します。
この記事ではあくまで、考え方をお伝えするので、志望動機の内容までご紹介はしません。
考え方を学び、自分の志望動機をより良くする気持ちで、参考にしていただければと思います。

また、これからご紹介する志望動機は、WEBディレクターの仕事内容をある程度理解している方向けとなります。
もし、WEBディレクターの仕事内容について知りたい方は、以下の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

未経験でWEBディレクターに転職したい志望動機を具体的に考える

採用担当者が一番興味を示しているのは、なぜ未経験ながらも、WEBディレクターに転職したいのか?
その志望動機です。

誰だって気になりますよね。
新卒採用よりも即戦力を期待されている、中途採用において、未経験で臨むのは珍しいことです。
ほとんどの人は、躊躇して応募してこないのが普通だからです。

だからこそ、しっかりと採用担当者にWEBディレクターに転職したい理由を具体的に伝えることが、転職成功への一番重要なポイントです。

NGな志望動機は、抽象的な表現です。

例えば、以下のような志望動機は採用担当者に、マイナスイメージを与えるので避けましょう。

  • WEB業界に興味があって、思い切って仕事をしてみたいと思った。
  • これからの時代、WEBが中心となるので、その中で活躍したい。
  • WEBディレクターが稼げる仕事だと思った。

こんなペラペラな志望動機では、確実に落とされます。
未経験というだけで、既に経験者と比較して、不利な状況であるわけですから、自分が魅力的な人材であることを伝えなければなりません。

例えば、WEBディレクターが未経験でも以下のような具体的な志望動機が、採用担当者に好印象を与えます。

  • 前職での営業では限定的なエリアでしか提案をできなかったが、WEBディレクターはWEB媒体を通じて、営業経験を活かした自分ならではの魅力的なコンテンツを全国のユーザに届けることができる可能性を感じたから。

これだけ具体的な転職の志望動機を伝えることができれば、他の転職者よりも一歩リードできます。

志望動機はどれだけ、具体的なイメージを採用担当者に伝えられるかが非常に重要です。
具体的にイメージできていいれば、転職後のキャリアップもスムーズにいきます。

転職先でWEBディレクターに転職したい志望動機を考える

WEB制作会社をはじめ、事業会社(メーカー企業など)のWEB事業部や通信販売事業部など数多くある企業の中から、なぜその転職先でWEBディレクターに転職したいのか、その理由を考えます。

これを考えることは、先ほどの未経験でWEBディレクターに転職したい志望動機と同じか、それ以上に重要なことです。

単に「WEBディレクターに転職したい」といった理由だけでは、志望動機として非常に弱いです。
WEBディレクターになりたいだけなら、転職先はどこでもいい、と採用担当者には伝わってしまうため、一番言ってはいけないNGな志望動機です。

転職先として選んだ志望動機が具体的であればあるほど、その会社に転職したい熱意や本気度が採用担当者に伝わるので、志望動機は具体的に伝えます。

志望動機を具体的に考えるのには、大きく分けて2つあります。

1つは転職先のホームページを見て情報収集をすること。
次に、転職サイトを通じて情報収集をすること。

特に私がオススメするのは後者の転職サイトを通じて、情報収集をすることです。

転職サイトで情報収集するメリットとして、以下が挙げられます。

・企業の風土がわかる。
・採用される人材の傾向がわかる。

これらは会社のホームページには掲載されていない情報で、志望動機を考える上で、非常に有力な情報が得られます。

募集要項に求める人材と実際に採用される人材を知ることで、どういった思考や性格、実績を持つ転職者が採用されるのか、その傾向がわかります。
その傾向を掴むことで、志望動機としてどういった要素を盛り込んでおけば、採用されやすいのかが見えてきます。

さらに、転職サイトの中でもエージェントサービスを利用するのがオススメです。
代表的な転職サイトとして、リクルートエージェントがあります。

オススメする理由は、上記の情報を収集できることはもちろんですが、志望動機の添削や面接対策も無料で実施してくれるので、より質の高い志望動機とすることができます。
リクルートエージェントでは、転職実績も多く、過去の実績から採用されやすい人材の傾向も分析されているため、有効に活用することで採用率がグッと高まります。

リクルートエージェントは年会費や登録料をはじめ、全てのサービスが無料で利用できます。
面倒な登録作業も3分程度で済むため、会社の通勤時間で手軽に登録できます。
⇒志望動機の無料相談ができるリクルートエージェントの公式サイトはこちら。

未経験でも前職を活かした強みを志望動機に盛り込む

これまで未経験でWEBディレクターに転職するためには、志望動機を具体的な内容で考えることが大事だと伝えてきました。

具体的な志望動機を考える上で、もう一つ大事なことがあります。
それは前職の経験や知識を活かした志望動機を考えることです。

他の転職者と差をつけるためには、その転職先でWEBディレクターとして何をしたいか、だけではなく、何ができるかも伝えることが大切です。
未経験だからといって、「学びたいです!」の受け身の姿勢では、採用担当者に好印象を与えることはできません。

WEBディレクターと違った前職だったからこそ、活かせる経験や知識があるはずです。
その情報を志望動機に盛り込みます。

例えば、転職先のWEB制作会社がアパレル中心のクライアントを抱えているのであれば、アパレル出身の方は他の転職者や現役のWEBディレクターよりも魅力的なコンテンツを作ることができます。
WEBディレクターは基本的に、WEB業界には精通していますが、クライアントの業界に関しては、少しの知識は持っていても、あくまで実務経験のない人がほとんどです。
WEBサイトを制作する上で、コンテンツは命といっても過言ではないので、魅力的なコンテンツが作れる人材は、喉から手が出るほど欲しいのです。

そういったことから、前職の経験を活かして転職先で何ができるのかを志望動機で伝えることは、非常に高い効果を発揮します。
先ほどと同様に、自分で前職を活かした志望動機を考えることが、苦手な方は転職サイトを活用してください。
客観的な意見も得ることで、他の転職者よりも、魅力的な志望動機ができるので、非常に有効な手段です。
何よりも、無料でそれができるので、活用しないと損です。
⇒志望動機の無料相談ができるリクルートエージェントの公式サイトはこちら。

未経験でもWEBディレクターに転職できる3つのコツ!志望動機や転職サイト選びなどまとめました。

志望動機の仕上げはリクルートエージェントに頼るのがおすすめ

これまで未経験でWEBディレクターに転職できる志望動機をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
きっと、読んでいただいた方の中には、志望動機を考えるのが難しく、どうしても良い志望動機が浮かばないといった方もいるでしょう。
私も正直、初めて転職するときは、めちゃくちゃ悩みました。

自分一人で考えた志望動機は、客観的な評価がないため、「本当にこれで大丈夫か?」と非常に不安な思いにかられました。
私は志望動機を何度考え直して作っても、全く自信が持てませんでした。。

そこで、私が志望動機を考える上で、利用したのがリクルートエージェントです。

転職を成功させたいなら、転職のプロに相談するのが一番早く、最も効果的だと考えたからです。
私がリクルートエージェントをおすすめするのは、他にもリクルートエージェントのスタッフ(エージェント)と無料で転職相談ができるからです。

転職相談も電話やメール、アンケートではなく、直接エージェントに会って対面で相談できるので、めちゃくちゃ相談しやすいです。
しかも、別にリクルートエージェントを利用して転職しなくても、志望動機の悩みを相談だけしてもOKなんです!

だから、「未経験でWEBディレクターに転職したいけど、志望動機が浮かばなくて悩んでいる」と、エージェントに相談すれば、しっかりと回答をもらうことができます。

もし、リクルートエージェントを利用して転職を考えているなら、志望動機をはじめ、履歴書や職務履歴書も添削してくれるので安心して転職活動ができます。

もし、志望動機が思い浮かばず悩んでいるなら、リクルートエージェントでまずは無料相談してみるのがおすすめです。
きっと、的確なアドバイスがもらえるはずです。
リクルートエージェントは会員登録や年会費、転職相談など全部のサービスが無料で利用できるので、手軽に始めることができます。
是非、一度試してみてください。
⇒志望動機の無料相談ができるリクルートエージェントの公式サイトはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。