上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

新卒1年目で鬱病で転職して、年収500万円以上で働いてる友人のお話

新卒1年目、友人は鬱病になりました。
原因は上司や先輩社員からの職場いじめです。

鬱病になった友人は、1ヶ月間社会から遠のきました。

勤めていた会社での社会復帰はないと考えていたので、休職後に退職。

精神的な負担から解放され、私の前ではあかるくなり、次第に転職活動を始めました。

鬱病となった友人の転職は厳しいものと思っていましたが、なんと転職活動をしてたった1ヶ月で転職先が決まったんです!

しかも、20代で年収500万円!

鬱病になりながらも、転職で成功できたのは、リクルートエージェントに登録したからだと言います。

確かに他の転職者で成功している人、共通して登録しているのが、リクルートエージェント。

私自身もリクルートエージェントで転職して、年収もアップしました。

鬱病になりながらも転職で成功した秘訣について、これから詳しくご紹介します。

新卒1年目で、上司や職場いじめで鬱病になる

仕事で鬱病になる原因は、主に2つしかないと思っています。

  • 仕事に忙殺される
  • 人間関係がうまくいかない

特に人間関係が原因で鬱病となる人が多いです。

友人も人間関係が嫌になり、鬱病となった一人です。

上司からパワハラ、同僚からは職場いじめを受け、人間不信となりました。

仕事当日にストレスで腹痛に襲われたり、気持ち悪くなったりして、仕事を続けることが難しくなりました。

病院で診断を受けた結果は「鬱病」。

診断書を会社に提出し、翌日から休職となりました。

1ヶ月間の休職生活で、新卒1年目での転職を決意

仕事が嫌で鬱病となり、休職した友人ですが、1週間経った頃には、転職活動を始めていました。

鬱病で悩むこともありましたが、それ以上に生活を維持するためにも、お金が必要でした。

生活費はもちろん、大学の奨学金、車の保険等、何かとお金がかかっていたので、すぐにでも転職をしなければならない状況でした。

自力で転職先を探すが、中々見つからず挫折

マイペースで仕事を探そうと、自力で転職先を探し、転職活動をしていましたが、全く上手くいかず、何回も書類選考で落ち、面接試験に進んでも落ちて、転職活動で挫折をしました。

そこで、私は転職活動に困っていた友人にリクナビエージェントを紹介しました。

私がリクナビエージェントで転職を成功していたので、自信を持って紹介できましたし、何よりも一人で転職活動をするよりも、圧倒的に効率が良かったのです。

リクルートエージェントで新卒1年目でも超大手企業に転職先が決まる

友人は転職活動を始めた当初は、不採用が続き、無職を覚悟しました。

でも、リクルートエージェントを活用してから、たったの1ヶ月で転職先が決まりました。

特別なことはしていません。
ただ、転職活動のやり方や考え方を変えるだけで、結果が大きく変わったんです。

自分一人で転職先を探していると、どうしても勝手な先入観で突き進んでしまい、中々転職がうまくいかないことになりがちです。

ですが、リクルートエージェントを活用することで、客観的な意見をもらうことができます。

また、リクルートエージェントでは一般公開されていない、優良企業が多く掲載された非公開求人も多数掲載されているため、大手企業への転職もできます。

求人数が断トツで多いため、それだけ自分の転職条件にマッチした求人に出会える確率が飛躍的に上がります。

友人も自分では決して見つけることのできなかった、超大手企業の求人を紹介してもらい、見事にそのチャンスを勝ち取ることができました。

まずはその転職の機会を得るためにも、リクルートエージェントに登録することが必要不可欠です。

新卒1年目の転職なのに、年収が500万円にアップ!

新卒1年目で鬱病となり、転職した友人ですが、転職してからの年収が500万円にアップ!

新卒1年目では、一般的に年収が400万円程度に対して、非常に高い年収だと思います。
しかも、転職しただけで年収がアップしたので、友人はウキウキしていました。

苦労して1年間働いても、月給の基本給は6000円程度しかアップしましせん。
年収で換算すると7万円程度です。

それが転職しただけで年収が大幅に上がったら、めちゃくちゃお得です。
感覚的に数年先か、10年先ぐらいの年収にジャンプアップしたような感覚になります。

新卒1年目での転職と聞くと、転職後の年収は現職比べると下がると思われがちです。
ですが、友人のように転職先によっては年収が上がることもあります。

また、転職で得られるのは年収アップだけではありません。
どちらかというと、こちらが転職の本命ですが、「労働環境の改善」が期待できます。

今まで馬車馬のように働かされていて、鬱病にまでなったのですから、転職後に同じ労働環境ですと全く意味がありません。
年収アップも全く嬉しいものではなくなります。

ですが、そんな心配も全くいりませんでした。
転職先の労働条件では、月の残業時間が10時間~20時間程度、完全週休2日制で休日出勤も緊急でないかぎりは、全くなしとのことで好条件でした。

今までの残業時間が60時間から比べると、約3分の1まで減るのは、めちゃくちゃ嬉しいですよね!
しかも、それで年収アップしているので、転職がメリットでしかありません。

後は、人間関係だけが心配されていましたが、その心配もなくなり、今では上司と良好な関係を築いているとのことです。

転職が人生を変えるとは、まさにこのことだなと実感しました。

鬱病の経験から、転職条件で妥協せず、納得のいく転職ができた

友人は「もう2度と鬱病になりたくないから、絶対に転職条件は妥協しない」といった強い思いで、転職に臨みました。
結果、今では自分に合った理想の職場環境で、人間関係にも恵まれ、さらには年収アップで私生活にも余裕が出始めています。

鬱病になったからこそ、次の転職先では「絶対にこれだけは譲れない」といった強いこだわりがありました。
その強いこだわりで、転職活動をしたことで、転職後もギャップがなく、今も楽しく仕事が続けられています。

転職は人生を変えます。

友人は一度仕事で鬱病となり、どん底まで落ちたと言いました。
でも、転職したい強い思いがあったからこそ、今の理想の職場を手に入れることができたと、晴れ晴れとした表情で話しています。

ちなみに、今ではリクルートエージェントのエージェントと飲み友達だそうです。(笑)
エージェントが親身に対応してくださったことで、友人も心を開き、今ではプライベートでもお付き合いがあるなんて、素敵な話ですよね♪

私ももっと頑張らないと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です