上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

新卒1年目で退職を考えるなら、まずやるべき5つの行動!

新卒で入社した会社は、何か自分と合わない。
就職活動で苦労して勝ち取った内定も、いざ入社してみると思っていた会社や仕事内容とのギャップにつらくなり退職したい。。

毎日そんな気持ちで新卒1年目は働いていました。
たぶん、毎日100回ぐらいは「退職したい」と呪文のように唱えていたと思います。

  • 上司とうまくいかない
  • 仕事が多すぎる
  • 毎日帰るのが遅い
  • 給料がやすい

新卒1年目では色々な悩みや不安にぶちあたり、退職した思いが強まります。
でも、ここで考えるべきポイントがあります。

「新卒1年目で退職できるのか?」

何も実績も地位もない新卒1年目が転職できるのは正直不安。

ですが、結論から言うと新卒1年目で退職しでも転職はできます。
しかも!!今よりも職場環境もよく、年収や休みも多い企業からの募集もあります。

ただし、何の準備も考えもなく、転職活動は確実に失敗します。
これは断言できます。

新卒1年目で転職を成功させようとするならば、無計画ではいけません。
きちんと転職の計画を考え、行動することが一番重要なことです。

では、新卒1年目で退職する前に、どんな転職の計画を考えればよいのか、その点については今回は詳しくご紹介していきます。

新卒1年目で計画なく退職すれば、転職活動は失敗する

先ほどお伝えしたとおり、新卒1年目でも今よりも好条件で転職することはできます。

ですが、無計画のまま転職活動をすると必ず失敗します。
転職活動の失敗とは、内定がもらえなかっただけではなく、内定がもらえた場合でも、入社後に思っていたような職場環境と違って、すぐに退職してしまうことも含まれます。

新卒1年目で転職するのは、確かにハードルは高いです。
きっと、転職活動をはじめると不採用をいっぱいもらうこともあります。

その失敗の多くの原因は、転職活動における準備不足です。

準備をしっかりとしておけば、転職は新卒1年目でも十分に成功できる可能性があります。

では、新卒1年目が退職を考えて転職をしたいとき、準備としてやるべきことについて、ご紹介します。

新卒1年目で退職を考えるなら、まずやるべきこと

新卒1年目で転職する前に、本当に退職していいか、自問自答を繰り返す

新卒1年目で退職したいと考えたなら、一番最初にやるべきことは「本当に今の会社を退職したいのか?」と自問自答することです。

転職は人生を変える大きなイベントです。

一時の感情だけで決めても、必ず後々後悔します。
まずは、一度冷静に考えて、今の仕事や職場環境に対して何が嫌で辞めたいと思っているのかを真剣に考えます。
今の職場で十分に解消できるのであれば、今の職場での解決策を探すのがベストです。

転職となると、転職活動が面倒なことはもちろんのこと、契約関係や人間関係も一から再契約・構築していかなければなりません。
特に新しい人間関係を作っていくのは、体力を必要とすることなので、環境を変えないで済むなら、そうした方がいいと私は思います。

人間関係や給与、就業規則など今の環境ではどうしようもないことが原因で退職するのであれば、転職するのがベストです。

新卒1年目で転職を決意するのも中々の勇気ある行動だと思うので、転職で失敗しないためにも、本当に退職すべきかどうかを今一度見つめなおしてみましょう。

新卒1年目で転職する前に、自分が次の仕事でやりたいことを明確にする

新卒1年目でやめる人は結構いますが、転職活動で失敗する人の多くは、やりたい仕事も考えず、何となくで転職活動を始めた人が多い傾向にあります。
やりたい仕事も決めず、転職活動をするのは、かなりリスクの高い行動です。

やりたい仕事が決まらずに転職活動を進めてしまうと、転職活動が数カ月も伸びてしまう可能性があります。
今と同じでもいいので、やりたい仕事を決めて、転職条件を絞ることで、自分に合った転職先を選びやすくなります。

また、転職サイトを利用して転職先を探す際も、やりたい仕事が明確でないと、探す手間もかかってしまい、段々と面倒になってしまいます。

新卒1年目で転職を考えるなら、やりたい仕事を考え、一気に短期間で転職先を決めることが、転職活動のモチベーションが高い状態を保ったまま活動できるポイントです。

年収や休暇など転職条件を明確にする

新卒1年目で転職する際、勢いだけで転職すると必ず失敗します。
勇気を出して、転職活動しても、今よりも休みが少なく、給料も少ない転職先だったら嫌ですよね?

自分が転職して満足できるように、希望年収や休暇の転職条件は決めておくのが重要です。
私の場合、最低でも今と同じ年収で、休暇は土日祝日は休みで、大型連休がきちんと休める条件を前提に、転職活動をしました。
条件を明確にしておくことで、転職できる企業をある程度絞ることができるので、転職先を探すのに非常に効率的です。

特に、年収に関しては企業と交渉できるのは、この転職するタイミングの1度きりです。
転職後に年収を交渉するなんてことはできないので、このチャンスを逃さないようのが大切です。
きちんと、自分の普段の生活費や雑費も含め、最低でも必要な年収はいくらなのかを把握しておきます。

年収と休暇は人生を豊かにする意味でも、非常に重要な転職条件なので、しっかりと考えておきましょう。

複数の転職サイトに登録して、求人募集を探す

やりたい仕事を決めて、転職条件を決めて、さぁ!転職するぞ!
とモチベーション高く臨んでも、その条件に合った求人募集がなければ、その条件で転職することはできません。
当たり前の話ですが、中途採用は常に椅子取りゲームで、昨日求人募集があった企業が、今日になくなっていることはよくある話です。
ここが新卒採用とは全く異なります。

中途採用の枠は非常に少なく、40名の募集があっても、採用されるのはたった1名しかないのが当たり前の世界です。

その競争に勝つためには、まず参加することが絶対条件です。
転職を考えて、まだ転職サイトを一度も登録していない人は、すぐにでも転職サイトに登録しましょう。
求人募集をこまめにチェックして、自分の理想的な求人募集があれば、迷わず応募します。

自分の理想的な転職条件い合った転職先を見つけるために、転職サイトは複数登録します。
転職サイトによって、取り扱っている求人募集は異なるため、少しでも転職を成功させる確率をあげるためにも、複数登録は必須です。

転職サイトの中でも特に求人数が多いリクナビエージェント、リクナビNEXT、マイナビエージェントをまず登録しておくのがオススメです。

退職のタイミングを決めておく

いざ転職をしよう!と考えても、一体いつが自分にとって都合が良いのかを考える必要があります。

もちろん、無理を通して1ヶ月で退職して、転職することもできます。

ですが、大抵の人は会社に気を遣って、繁忙期での退職は避けるはず。
繁忙期を避ける理由には、もう一つあります。

それは上司に退職を切り出した時、退職を相談しやすく、退職しやすいタイミングだからです。
繁忙期だとろくに取り合ってもくれず、仕事を引き継ぐとなっても、チームメンバーから舌打ちされるほど、恨まれる可能性があります。

心を無にして、周りを気にせず退職できる人はいいですが、私にはそんな勇気がなかったので、タイミングを見計らいました。

また、退職タイミングを決めておくことで、転職活動にもやる気が出てくるので、メリットが大きいです。

新卒1年目の転職が不安なら、エージェントと一緒に転職活動をする

以上が、新卒1年目で退職を考えたときに、やっておくべきことでした。

これだけ聞いても、なんとなく不安は残りますよね?
私も初めて転職するときは、周りからいろいろと情報は聞きましたが、いつまでたっても不安は残りました。

転職して年収が下がったり、休みが少なくなったりしたらどうしよう・・・
転職先の人間関係がうまくいかなかったらどうしよう・・・

そんなことばかり考えて、中々踏み出せませんでした。。

でも、リクルートエージェントを利用して、エージェントと一緒に転職活動を進めることで、徐々に自信を持つことができました。

リクルートエージェントは求人募集の数が圧倒的に多く、エージェントも親身になって話を聞いてくれたり、企業との調整をしてくれたりで、全力で私をサポートしてくれました。
初めての転職活動であっても、エージェントが全てサポートをしてくれたので、いざ、企業との面談でも緊張もなく、臨むことができました。

しかも、エージェントのおかげで、転職活動はたったの1か月半!
3カ月ぐらいは覚悟していましたが、かなり短く終えたので、考えていた退職タイミングよりも早く退職できました。

新卒1年目だと何かと転職に不安があると思うので、是非、リクルートエージェントに一度相談してみてください。

登録はタダですし、相談もタダで、全部タダでサポートしてくれます!
リクルートエージェントの登録自体も、たったの数分でできちゃうので、明日にでも転職活動を始められます。

もし、転職活動に悩んでいるなら、とりあえずでも、まずは相談してみるのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です