上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

嫌いな上司から逃げても、転職で成功した体験談!

私には嫌いな上司がいました。
その嫌いな上司から、毎日罵声をあび、事あるごとに怒鳴られ、こき使われ続けてきました
私の嫌いな上司は、いわゆるパワハラ上司です。

嫌いな上司を殴ってやろうかと何度も思いました。
毎日嫌いな上司と顔を合わせるために、ストレスでしかありませんでした。

ムカつく!頭が悪いクソ上司の発言10連発にキレた!

周りからは「そんな職場は早く転職しろ」と言われていましたが、私にも家族がいます
退職理由も「上司が嫌い」ってだけじゃあ、そう簡単に転職先も見つからないだろうと思い、我慢して約1年間その上司のもとで働きました。

ですが、ついに我慢の限界がきて、ストレスで体調を崩しました。

それがきっかけで、転職することを決意し、本格的に転職活動を始めました

私も30代、転職活動も大変な年代に差し掛かったと思っていましたが、リクルートエージェントを活用することで約1ヶ月で転職先を見つけることができました。

自分が思っていたよりも早く内定が出て、驚きを隠せません!

しかも、今の会社よりも年収が50万円もアップで、嘘みたいな手厚い待遇。

今は新しい職場で働いていて、尊敬できる上司のもと、楽しく仕事しています。
何の不満もなく、むしろ大満足です。

こんな素敵な職場で働くことができたのも、リクルートエージェントのおかげです。
同世代の転職者に聞いても、転職活動で成功した人のほとんどは、リクルートエージェントを使っていました。

私もきっとリクルートエージェントに出会えていなければ、今も嫌いな上司のもとでストレスな日々を送っていたでしょう。

今回の転職で、30代の家族持ちでも、転職活動を本気で取り組めば、まだまだ転職できることもわかりました

私と同じ嫌いな上司に悩まされ、転職活動にハードルを感じて、中々動き出せない人は多いでしょう。

今回ご紹介する、私が実践した「上司が嫌い」といった退職理由で、転職が成功した理由を参考にしてみてください。

少しでも手助けになれば、嬉しいです。

上司が嫌いで仕事を辞めても、転職は成功できる

f:id:mrluckyboy:20180923134247j:plain

まず最初に断言しておきます。

退職理由が「上司が嫌い」でも、転職することはできます。

現に私は馬鹿正直に、転職先企業の面談で退職理由を問われましたが、「上司が嫌い」だから退職したことを告白しました。

確かに最初は、ネガティブな理由だから別の退職理由を作ることも考えました。
でも、それは止めました。

本当の理由を伝えて、それでも私を採用してくれる企業であれば、転職先として信用できると思い、退職理由をありのまま伝えました。

私も内心は「言い過ぎたかな…」と不安に思うこともありましたが、結果、東証一部上場の企業に転職することができました

その転職先の採用担当者からは、「正直に答えたところが、この人は仕事も真面目に取り組むだろう」と評価してくださりました。

今では嫌いな上司はいなくて、尊敬できる上司のもと、仕事を楽しくできています。

30代で家族持ちの転職は、半ばあきらめていましたが、まだまだ転職できる年齢であることも今回の転職活動を通じて気づけました。

嫌いな上司から逃げ、転職で成功できた理由

嫌いな上司から逃げたい意志が強かった

f:id:mrluckyboy:20180909194148j:plain

転職活動が成功できた要因の一つは、嫌いな上司から逃げたい思いが強かったからだと思います。

今の環境から抜け出いしたいと、強い想いが転職活動の原動力になり、最後までモチベーションを保つことができました。

毎日ストレスを感じながら、嫌いな上司の相手をするのは本当に辛かったです。。
嫌いな上司のせいで、残業したり、休日出勤もしたりして、嫌いな上司のために働いていたようなものです。

私に限らず、上司の無茶苦茶な発言に部下はいつも振り回され、完全に上司の駒でした。

一刻も早く嫌いな上司から抜け出したい、日に日にその思いが強くなりました。

その思いが強ければ強いほど、転職活動にも精力的に取り組んだことで、約1ヶ月といった短い期間で転職先が決まる結果に繋がったと思います。

30代での転職のハードルが意外と低かった

f:id:mrluckyboy:20180924133328j:plain

転職活動を始める前は、30代であったこと、さらに家族持ちであったことで、転職がうまくいくイメージが全くありませんでした。。

だから、嫌いな上司のもとでも、我慢して約1年間も奴隷のように働き、嫌なことも我慢してきました。

ですが、実際に転職活動を始めてみると、30代でも採用してくれる企業は多く、年齢でのハードルは感じませんでした。

家族持ちであることも、何か転職活動のハードルになると勝手に思い込んでいましたが、その影響もありませんでした。

正直な感想として、転職活動は意外とハードルが低いと、この時実感しました。

同僚からは「30代になると転職が難しいよ」と聞かされていたので、百聞は一見にしかず、とはまさにこのことです。

30代でも転職ができることを知った後は、割と自信をもって面談にも臨むことができました。

もし、私と同じにように年齢制限が気になって、転職に中々踏み出せない人は、躊躇する必要はないです。

30代でもまだまだ転職できます。

リクルートエージェントのサポートが素晴らしいほど充実していた

f:id:mrluckyboy:20180901143115j:plain

私が30代にして、転職を成功できた一番の要因は、リクルートエージェントのサポートです。

正直、リクルートエージェントのサポートがなければ、転職は失敗に終わったと言っても過言ではありません

大袈裟に言い過ぎと言われるかもしれませんが、実際に一人で転職活動をやってみるとわかりますが、転職活動は超面倒です。

私は現職を続けながら転職活動をしていたので、仕事終わりに活動することがほとんどです。

仕事で疲れきった体に、さらに鞭を打ち、転職活動をするので、思っている以上に大変です。

しかも、1人で転職活動をすると、誰も管理する人がいないので、だらけてしまい、転職活動がスムーズにいきません。

そこで、リクルートエージェントの登場です。

リクルートエージェントは転職活動の進行管理はもちろん、自分に合った転職先のリストアップもしてくれるので、めちゃくちゃ助かります

自分が仕事で疲れて休んでいても、リクルートエージェントはサポートしてくれて、転職したい希望日のスケジュール通りに活動を進めてくれます。

まさに至れり尽くせりです。

さらに、リクルートエージェントは転職先の面談の日程調整や面接官に直接は聞きづらい、離職率、社内の職場環境の雰囲気、有給取得率など社内情報を、自分に代わって転職先に聞いてくれます

リクルートエージェントが転職先の情報を色々と出してくれるので、転職後のミスマッチもなく、自分に合った転職先に出会える確率がグッと高まります

転職先を決めるのはもちろん自分ですが、それ以外のほとんどはリクルートエージェントがやってくれます。

だからこそ、約1ヶ月で転職先が決まったし、転職後もミスマッチなく働くことができています。

自分一人では、絶対に転職活動を成功させることはできませんでした。
リクルートエージェントのサポートがあったからこそ、最高の結果で転職を成功することができました。

f:id:mrluckyboy:20171011220755p:plain

嫌いな上司から逃げても、年収アップで転職できる

f:id:mrluckyboy:20180924132244j:plain

上司が嫌いといった理由で転職したら、さすがに年収は下がるだろうと覚悟していました。

退職理由がネガティブであり、自分勝手なこともわかっていたので、年収維持できたら良い方だろうと思っていました。

ですが、蓋を開けてみると、面接官が提示した年収は今の職場よりも、年収50万円も高い金額でした

何も転職先で仕事をしていない、何なら退職理由は「上司が嫌い」といった自分勝手な理由にも関わらず、年収が上がる意味がわかりませんでした。

リクルートエージェントに聞いたところ、私の職務履歴書等を見て、ちょうど欲しい人材に当てはまったようです。
また、転職では人間関係で退職することはよくあり、そこは気にしていなかったというのが面接官のコメントだそうです。

私が内定をもらった転職先は、リクルートエージェントの非公開求人でした。
だから、きっとリクルートエージェントを利用していなければ、出会うこともなかったでしょう

その転職先もリクルートエージェントからの応募であれば、変な人は来ないと信用していたのかもしれません。

大手転職サイトに登録していれば、私のように非公開求人で転職先に出会えたり、求人募集数が圧倒的に多いなどメリットは大きいです。

もし、転職に自信がないなら、リクルートエージェントに頼るのがオススメです。

もちろん、今回ご紹介したリクルートエージェントのサポートは無料ですし、登録料も一切かかならず、全部無料です

手軽で始められるからこそ、転職したいなら今すぐにでも始めるべきです。

f:id:mrluckyboy:20171011220755p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です