上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

転職を失敗したくない!DODAを利用してみた口コミ・評判!

「転職サイトは必ず複数登録!」
これが転職活動の鉄則だと思いますよね?

私もそれが鉄則だと思って、転職サイトは必ず複数登録していました。

ですが、実際に転職活動を始めてみると、実は1つの転職サイトしか利用していない・・・
そんなことありませんか?

私は気づけば1つの転職サイトしかまともに利用していなかったです。。

でも、複数登録はやはり転職活動を行う上で必要です。
実際に転職サイトによっては、取り扱っている求人が異なるケースもあるため、複数登録がベストです。

ですが、その反対に管理が煩雑になり、面倒と思ってしまうことも多々あるのも事実です。

メールや電話一つの作業を削減するだけでも、1日あたりの作業効率は大幅に削減できますので、無駄な転職サイトの登録は避けるのが良いです。
登録自体が目的ではなく、あくまで手段となります。

今回は私が実際に転職活動時に利用していたDODAについて、本当に自分にとって必要な転職サイトであったかを評価・口コミしたいと思います。

20代後半で2回目の転職を決意

まず、はじめに私は今まさに、転職2回目を迎えております。
ちょうど先日転職先が決まったばかりです(笑)

年齢にして20代後半で、転職2回目ということもあり、転職サイトの利用自体ははじめてではありません。
ですが、企業側からすると「もう転職2回目か・・・うちに来てもすぐ辞めるのでは?」と転職を成功させるハードルが上がるのは確かです。
ましてや、就職した1社目、2社目とどちらも4年未満で決して就業期間が長いとはいえません。

そんな不安を抱えながらも、「安定した大企業に転職したい」といった思いはありました。
前職も東証一部上場の安定したメーカー企業で、一度その安定した環境を味わってしまうと中々抜け出せません。
次もまた「安定」をもとめて、大手企業に転職したい思いが出てしまうのです。

大手企業に転職したい、そんな思いを抱き、私は転職サイト「DODA」を登録し、利用することにしました。

転職サイト「DODA」を利用してみた口コミ・評価

リクルートエージェントの補足としてDODAを登録

転職活動を始めた当初は、「複数登録こそが転職活動の鉄則」だと信じて、以下のような転職サイトを同時に登録しました。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • ビズリーチ
  • 通販転職

私が一番利用していたのが「リクルートエージェント」です。
リクルートエージェントは前回の転職時に利用していたこともあり、信用できる転職サイトとして今回も利用しました。

リクルートエージェントを利用してみた口コミ・評価については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【体験談】2回目の転職!リクルートエージェントの口コミ・評判!

それ以外も転職サイトを登録しようと考えていたところ、CMでもよく見かける転職サイト「DODA」がネットで話題でしたので、登録することにしました。

その他は先輩社員が使ってよかったと紹介いただいたもので、良さそうだと考え登録した転職サイトになります。

私の中でリクルートエージェントが一番優先度が高い転職サイトで、次にDODAを考えていました。
あとの2つはリクルートエージェントとDODAにない求人の補完役です。

これで準備万端!そう思って転職活動をはじめました。

その結果、いろいろと面倒になることに・・・

DODAはリクルートエージェントと被る求人募集が多い

DODAを利用してみて、途中で気づきましたが、リクルートエージェントと求人募集の内容が被るのが非常に多いです。
求人募集を網羅的に見ることを理由に、DODAを登録しましたが、その求人募集の内容を見ると、ほとんどリクルートエージェントがもつ求人募集と同じようなものばかりでした。

リクルートエージェントは人材会社としては最大手で、よく考えてみれば、リクルートエージェントは求人募集の数が圧倒的に多いので、他の転職サイトにある求人募集をもっていても何ら不思議ではありません。

そのため、途中から「あれ、これリクルートエージェントだけで良いじゃないの?」と思いはじめるわけです。

むしろ、非公開求人の数はリクルートエージェントの方が圧倒的に多いので、DODAを利用するメリットが感じられなくなってきました。。

DODAは中小・零細企業の転職には向かない

DODAを利用してみてわかりましたが、求人募集の企業規模が中堅企業~大企業を中心に掲載されています。
そのため、中小・零細企業の転職を目指す方には、あまりマッチしない転職サイトではないと思います。
ベンチャー企業の取り扱いなども非常に限られた内容だけですので、充実した求人数とは正直思えないです。

これはリクルートエージェントも同様です。

恐らくエージェント料金が安くはないので、それを支払える企業規模となると必然的に中堅企業~大企業となるためではないかと思われます。

中小・零細企業を目指す方は別の転職サイトを利用されることがオススメです。
リクルートエージェントとDODAは中堅企業~大手企業に転職したい方には非常に有効活用できる転職サイトといえます。

DODAはリクルートエージェントに比べてアンマッチな求人募集が多い

DODAはあまり自分が興味を示さない求人募集も結構な数できた印象があります。
私の伝え方にも問題があったのかもしれませんが、いらないない求人募集が目立ちました。
もちろん、途中で求人募集の条件を変更することは可能です。
ですが、正直最初の面談時に「いる情報といらない情報」をもっと細かに両者で取り決めを行い、効率的な転職活動を進めたいのが正直な感想です。

DODAは転職サイトからの営業も多い

DODAを利用してみてわかった、リクルートエージェントとの違いですが、他の転職サイトからのアプローチがDODAでは毎日のように送らてきます。
正直、これはかなり鬱陶しいです。。
毎日届くので、消すのも大変です。。

このあたりは、人によってはメリットと感じたり、デメリットと感じたりするので、断定はできませんが、私にとっては不要なメールで面倒でした・・・

とにかく数勝負!そんな人にはDODAがオススメ

DODAを利用してわかりましたが、「とにかく多くの求人に募集する!」といった数勝負を考えている方には非常に有効な転職サイトだと思います。
リクルートエージェントに比べてDODAは幅広い求人を紹介してくれますし、転職サイトも紹介してくれます。

その代わり、情報管理の徹底が必要になりますので、管理が面倒だと思う方にはあまりオススメできない転職サイトです。

最短かつ無駄なく転職するならリクルートエージェントがベスト!

DODAは求人紹介の数が非常に多いですが、逆にリクルートエージェントは少ない印象です。
少ないといっても、必要な求人は紹介してくれますので、「無駄がない」というのが正しいと思います。

転職サイトからの営業メールもありませんし、自分が出した転職条件から逸れる求人紹介もありません。
つまり、無駄なく転職活動をスムーズに進めるに適した転職サイトがリクルートエージェントになります。

「あれもこれも1回見たい!」と思う人にはDODA、余計な情報はいらないと思う人にはリクルートエージェントが良いと思います。
情報管理が難しいと思う方にもオススメです。

私は途中からはリクルートエージェント1つに絞って、転職活動をしていました。
その結果、超一流の大手企業に転職することができました。
無駄がない分、1社に割ける時間が多くとれるため、事前準備がしっかりとでき、結果転職が成功できたと思います。

リクルートエージェントもDODAも素晴らしい転職サイトですが、自分の目的に合った転職サイトを選ぶことが大切です。
合う合わないは必ずありますので、しっかりと目的を考え、自分に合った転職サイトで転職活動をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です