上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

未経験で女性WEBディレクターとなった先輩に転職のコツをインタビューしてみた!

近年、転職や就職でWEBディレクターを志望する人が増えてきました。
私の周りでも、WEBディレクターとして働く友人が多くいます。

WEBディレクターと聞くと、男性が多い職種のように思えますが、最近、女性WEBディレクターが急増していることをご存知でしょうか?

実は化粧品や健康食品、アパレルなど女性特有の業界が数多くあり、その需要が急増していて、未経験であろうと女性WEBディレクターのニーズが増えています

今回は未経験から転職して女性WEBディレクターとなり、今も現役で活躍する先輩ディレクターに突撃インタビューをしました!
なぜ、今、女性WEBディレクターの需要が高まっているのか、また、未経験でも女性ディレクターとなれた転職のコツを聞いてみました。

じょろ

では、早速インタビュー!よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

AYAさん

未経験でも女性WEBディレクターのニーズが高い理由

近年、Amazonや楽天をはじめ市場規模が急上昇しているネットショップ業界では、化粧品やアパレル、健康食品がそのシェアを多く占めています
どれだけ男性WEBディレクターが努力しても、女性特有の業界で女性WEBディレクターを超えるデザインやコンテンツなどクリエイティブを作ることはほぼ不可能です。

じょろ

確かに、男性目線で化粧品やアパレルのコンテンツは作れないですね。
そうなの、特に化粧品は使い心地を伝えるのが重要だから、女性にしかわからないのよ。

AYAさん

じょろ

なるほど、それは男性には真似できないですね。

ネットショップ業界では、コンテンツやデザインなどクリエイティブと呼ばれるものは非常に重要です。
クリエイティブ一つで、売上は大幅に変わります。

じょろ

実際に女性が作ったコンテンツと男性が作ったコンテンツでは成果は違いましたか?
女性が作ったコンテンツの場合、男性が作ったコンテンツに比べて、売上が約5倍も変わった事例があるわ。

AYAさん

じょろ

それは凄い!20万円の売上なら、100万円!クリエイティブでそんなにも変わるんですね。

ネットショップ業界では、クリエイティブが命です。
男性は固い文章で論理的なクリエイティブを好み、女性は直感でわかりやすデザインを好む傾向にあります。

男性WEBディレクターが女性目線でクリエイティブを作ったとしても、どうしても論理的で固いデザインになりがちなので、女性WEBディレクターがクリエイティブを作った方が成果が出やすいのです。

未経験で女性WEBディレクターとなるために必要なスキルや経験

じょろ

先輩は未経験で女性WEBディレクターに転職したと思いますが、その時に必要だったスキルや経験はありましたか?
特にないわ。強いて言うなら、色々な物に興味をもつことぐらいかな。

AYAさん

じょろ

それは家電や化粧品、アパレル、食品など多岐にわたって興味をもつということですか?。
そうよ。WEBディレクターは特定の業界だけ担当することはなく、多くの業界を担当するから、色々なものに興味をもつ思考が必要になるの。

AYAさん

私もWEBディレクターとして数多くのクライアントを担当していましたが、業界はバラバラでした。
確かにWEBディレクターでは特定の業界を担当することはなく、多くの業界に関わるため、色々なものに興味がないとしんどいかもしれません。

また、ネットショップ業界で働く以上、WEBに関する情報に興味をもつ必要があります。
WEBの技術や知識は、年々進化を遂げているため、WEBディレクターは常に最新の情報を掴んでおくことが大切です。

未経験でも女性WEBディレクターが必要とされる理由

女性WEBディレクターが急増している傾向にはありながらも、それでもやはりWEBディレクターの仕事では、今も男性WEBディレクターの方が多いのが現状です。

じょろ

現場で働く女性WEBディレクターは少ないイメージですが、実際にはどうでしょうか?
少ないですね。女性は結婚や出産で、どうしても現場を離れるWEBディレクターがいます。

AYAさん

じょろ

家庭と仕事の両立は大変ですもんね。復帰する女性WEBディレクターも少ないですか?
少ないですね。IT企業のほとんどは中小企業が多く、まだまだ男性中心で、女性が優遇された制度が整えっていないのが現状です。

AYAさん

じょろ

なるほど、女性WEBディレクターを確保しても、離職するケースがあるため、常に女性WEBディレクターのニーズがあるわけですね。
そうなの。だからこそ、未経験でも女性WEBディレクターは貴重な人材だから、企業側も積極的に採用してくれるの。

AYAさん

WEB業界の知識や経験は後からいくらでも蓄積することはできますが、女性の感性だけは磨くことはできても、男性がその感性を備えることは不可能です。
だからこそ、企業側も未経験であろうと女性WEBディレクターを積極的に採用しています。

先輩も同じように未経験で転職したにも関わらず、女性WEBディレクターとして転職できたのは、そういった背景があったからです。

女性WEBディレクターになるために、特別な資格や経験は必要ありません。
強いていえば、今もっている感性が必要となります。

私の周りの女性WEBディレクターも実は未経験で転職してきた人が多いです。
ですが、現場で数カ月も働けば、立派なWEBディレクターとして、バリバリ働けます。

女性WEBディレクターならではの苦労したこと

じょろ

男性スタッフが多い中、女性WEBディレクターとして働くことで、何か苦労したことはありますか?
クライアント先で、どこか舐められた感じで辛かったのを覚えています。

AYAさん

じょろ

クライアントから何か言われる感じですか?
何か言われるわけではないけど、態度で大体のことがわかるんだよね。
同じ社員でも男性には対等に扱う人でも、女性が担当になった時に上から目線みたいな。

AYAさん

じょろ

それは結構辛いですね・・・
でも、私は「見返してやる」と思って、仕事の原動力にもなっていたので、結果的に良かったです。

AYAさん

 

じょろ

その状況下で、自分を鼓舞して仕事に励める人は本当に凄いと尊敬します。
そんな凄いことではないけど、常にどこか男性に負けたくない思いがあったので、仕事でも良い方に働いたんだと思います。

AYAさん

 

クライアントも男性の担当者が多く、中小零細企業だと社長が担当者だったりすることも多くあります。
まだまだ、女性を下に見るクライアントもいて、苦労するWEBディレクターが少なくありません。

ですが、AYAさんのように自分を鼓舞する人が多いのも事実です。
WEBディレクターを目指す人は、稼ぎたい、独立したいなど目的はそれぞれあっても仕事に対して熱心に取り組む人が多い傾向にあります。
男女関わらず、実績を多く残すことで、クライアントからの信頼も厚くなり、より対等な立場で仕事を進めることができれば、仕事がより一層に楽しくなります。

女性WEBディレクターの仕事で良かったと実感することはありますか?

じょろ

女性WEBディレクターとして活躍するAYAさんですが、何かWEBディレクターの仕事で良かったと実感することはありますか?
ネットショップの仕事では、女性の方が活躍できると確信が持てて、仕事のモチベーションに繋がったのは良かったです。

AYAさん

じょろ

例えば、どういったことですか?
ネットショップでは、女性ファッションや化粧品といった業界が多く、女性ならではの視点が必ず必要となります。コンテンツ1つをとっても、女性と男性が作るクリエイティブには大きな差があるので、女性が活躍できるフィールだと思いました。

AYAさん

じょろ

確かに、化粧品や女性ファッションといった女性特有の分野では、男性WEBディレクターが活躍するには中々難しいですよね。
はい、そういった分野はこれからネットショップを中心に需要が増えてくると思います。だからこそ、結構女性WEBディレクターが重宝される時代がくるんじゃないかなと思っています。

AYAさん

じょろ

今でも化粧品やアパレル業界は需要が高いので、AYAさんのような女性WEBディレクターで活躍する人がこれからどんどん出てきそうですね。
活躍する女性WEBディレクターの輪をもっと広げたいですね。

AYAさん

未経験でも女性WEBディレクターに転職できた転職サイトはレバテックキャリア

異業種から未経験で女性WEBディレクターに転職するなら、WEB業界No1の転職サイト「レバテックキャリア」がオススメ。
その理由について、現役女性WEBディレクターの先輩にお話を聞いてみました。

じょろ

AYAさんは未経験で女性WEBディレクターに転職しましたが、転職サイトはどちらを利用しましたか?
WEB業界の鉄板サイト「レバテックキャリア」を利用したわ。

AYAさん

じょろ

私も転職にはレバテックキャリアを利用しましたが、AYAさんはなぜ利用されたのですか?
理由は2つあって、1つは圧倒的に求人募集が多かったこと、もう1つは、未経験の転職が不安だったから、エージェントサービスのある転職サイトとして、レバテックキャリアを選んだわ。

AYAさん

じょろ

エージェントサービスは転職活動をサポートしてくれて、めちゃくちゃ便利ですよね!私も初めて利用した時は感動しました。
そうなの、現職を続けながらも転職活動ができたのは、本当によかったわ。

AYAさん

レバテックキャリアはWEB業界で求人数がNo1の転職サイトです
求人数が多いので、自分に合った職場環境に出会える機会が、他の転職サイトよりも多いのは魅力的でした。
いきなり、ニッチな求人ばかりの転職サイトを登録するよりも、絶対に大手転職サイトで求人数が多い転職サイトから登録するのをオススメします。

AYAさんも仰っていたように、レバテックキャリアはエージェントサービスで、専属のエージェントが転職活動をサポートしてくれます。
これがめちゃくちゃ便利で、面倒な企業との調整や求人の提案も行ってくれます。
しかも、履歴書や職務履歴書も添削してくれたり、模擬面接で面接対策もサービスとして利用できます。

レバテックキャリアの凄いところは、これらすべてのサービスが無料で利用できます!
登録料や年間の利用料も何もかも無料!

登録自体もたったの3分で登録でき、登録後すぐにレバテックキャリを利用することができます。

未経験で女性WEBディレクターへの転職を考えているなら、絶対にレバテックキャリアをまず登録することをオススメします。
レバテックキャリアの公式サイトはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です