上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

VISAやJCBって何?わかりづらいクレジットカードの国際ブランドを解説!

クレジット初心者のブロガ―、じょろです。

普段は大手メーカー企業のWEB担当者をしている私ですが、実はつい最近まで現金至上主義で、クレジットカードは利用したことがありませんでした

クレジットカードと聞くと、「カード情報が抜かれる」「不正利用されそう」など良いイメージがありませんでした。
結局のところ、信用できるのは現金!そんな先入観で、クレジットカードの利用を避けていました。

ですが、周りからのすすめもあって、クレジットカードのメリットやデメリットをきちんと知ることで、クレジットカード払いがお得で便利であることがわかりました!

それと同時にいかに今まで自分が損したお買い物をしていたかも知りました・・・ショック!

今ではお買い物はクレジットカードのみを利用するほど便利に使っています。

www.webcon-investment.com

でも本当につい最近まで現金払いのみだったので、最初は「VISAって何?Master Cardって何?」って知識レベルでした。

きっと私の他にも現金至上主義の人はいて、「今更VISAって何?とか聞きづらい・・・」と思っている人もいるはず。

そんな方向けに今回は、VISAやMaster Cardをはじめ、クレジットの5大国際ブランドと呼ばれるものが一体何なのかをご紹介したいと思います。

是非、今後の参考にしていただければと思います。

クレジットの5大国際ブランドって何?

クレジットカードでよく「VISA」や「Master Card」って文字をよく見かけますよね?
これらはクレジットカード払いの決済機能を提供しているブランド名(企業名)が掲載されています。
他にも「JCB」や「Diners Club」、「American Express」があり、これらのブランドは国内だけではなく、24時間世界中で利用できる決済機能を提供していて、5大国際ブランドと呼ばれています。

では、早速、各ブランドの特徴についてご紹介していきます。

VISA

世界約13億人のカード会員をもち、カード発行数No1のクレジットブランドです
加盟店も2400万以上を誇ります。
VISAの加盟店というのは、VISAのクレジットカードを使用できるお店となります。

ちなみにVISAはValue Issuer Service Areaという企業名の略称です。

また、後ほどご説明するMaster CardとVISAはあくまで決済機能のサービスを提供しているだけで、クレジットカード自体は発行していないです。
そのため、VISAからライセンス権利を得た提携会社がカードを発行して、そのカードが普段利用しているクレジットカードとなります

一番有名なVISAのクレジットカードとしては、よくCMでもみかける「三井住友カード」です。
これは三井カード会社が発行したクレジットカードとなります。

Master Card

世界で約10億人のカード会員をもち、カード発行数がVISAに次いで世界No2です
三井住友カード会社がMaster Cardとも提携してカードを発行しているため、国内では使用範囲はほぼ同じ加盟店数となります。

VISAとMaster Cardの2つのブランドでクレジットカード全体の90%以上のシェアを占めていますので、利用率はダントツです

JCB

世界で約9,500万人のカード会員をもち、5大国際ブランドの中で唯一の国産ブランドです。
他の国産ブランドと違って、国内の提携先施設での買い物や飲食の費用が割引されるなど国内サービスが充実しています
海外旅行はしない方であれば、国内で様々なサービスを受けられるJCBカードを利用されるのがオススメです。

また、American Expressと提携しているため、互いの加盟店であればクレジットカード払いを利用することもできます。

Diners Club

世界で最初に登場したクレジットカードで、富裕層をターゲットにした国際ブランドです。
JCBと提携しているため、JCBの加盟店であっても、Diners Clubのカードを利用することができます。

American Express

ブラックカードを発行しているクレジットカードブランドとして有名で、ステータス性の高いクレジットカートです。
世界で約1億1000万人の会員数をもちます。
年会費が他の国際ブランドと比べて高く、ポイントを溜める目的としては不向きなカードです。

クレジット初心者ならVISAかMaster Cardがオススメ!

クレジットカードをこれから利用される方には、VISAかMaster Cardがオススメです。
上述したとおり、この2つのブランドだけで世界のくジレットカードの約90%を占めているので、ほとんどの場所で利用できます。

特に海外旅行をする際は、圧倒的に利用できる場所やサービスが違うので、もし「どのカードが良いのかわからない」と悩んでいる方にはVISAかMaster Cardがオススメです。

是非、これからのカード利用の参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です