上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

健康食品のECサイトでは、アフィリエイト広告での売上拡大は難しい!?

どうも、大手メーカー企業でWEB担当者兼ブロガ―のじょろです。

今回は健康食品業界では、広告の鉄板メニューと知られるアフィリエイト広告の運用についてご紹介したいと思います。

では、早速本題に入っていきましょう!

WEB広告の鉄板メニューと言われる、アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告は、広告主の商品をアフィリエイトサイトやブログなどのサイトに紹介し、獲得件数が発生した際は、広告主から成果報酬を受け取る広告です。

ただし、広告主が成果と認める条件をクリアした獲得件数だけが、成果報酬の対象となり、例えば、いたずら注文については、否認とされます。

こういった広告費用の仕組みで広告主にとっては、非常にリスクが少ない広告メニューとして、ほとんどの企業が運用しています

そんなリスクが少ないアフィリエイト広告も、外部環境の変化ややちょっとした管理の甘さによって、リスクが高くなる可能性があります
そういったリスクも知ったうえで、アフィリエイト広告を運用することが重要です。

2017年12月のGoogleアルゴリズム変動でアフィリエイトサイトが淘汰された

既にご存知の方もいると思いますが、2017年12月にGoogleがとんでもないSEOアルゴリズムのアップデートを行いました。

それは・・・

Googleが「マダンテ」を唱えた、
医療・健康分野に蔓延る、アフィリエイトサイトよ、消え去れぇぇぇえええ!

ネタっぽく言っていますが、マジです(笑)

医療・健康分野において、Googleが公式サイトの情報は信用性が高いとして、公式サイトがSEO上で非常に強い力を持つようになりました
その結果、例えば「乳酸菌サプリメント」では、アフィリエイトのランキングサイトが多かったりしてましたが、一瞬で消え去りました。。

恐らく中堅クラスのアフィリエイトサイトは大打撃を受け、一気に収入が減ったことが考えられ、何とも悲しいなと思いました。

消費者にとっては、胡散臭い、アフィリエイトサイトが淘汰されたことによって、信用度の高い情報を得られるわけですから、非常に良い傾向にあると思います。

また、Googleは「検索したワードと検索結果の一部アンマッチ」とういことで、またアップデータされるかもしれません。

今後、SEO媒体での獲得件数は非常にハードルが高くなっているので、売上拡大といったことは難しいかかもしれません。

薬事法がますます厳しくなり、アフィリエイト広告では掲載を増やしづらい

昨今のGoogleアルゴリズム変動があり、運用拡大が難しいアフィリエイト広告ですが、もうひとつ運用拡大が難しい理由があります。

それは薬事です。

健康食品は医薬品ではないため、病名や効果効能を謳うことができません
昨年までは、消費者庁の監視の目は緩く、アフィリエイトサイトには薬事法を違反して、ガンガン効果効能や病名を掲載していました。

しかし、今年に入ってから消費者庁の監視の目がかなり厳しくなり、大手企業から順に薬事法違反として、警告されるような動きになってきました。
そのため、今まで顧客にとって刺さっていた、薬事アウトの表現がネット上ではできなくなり、ぶわっとした表現に変更され、獲得件数が伸び悩むサイトが続出しました
また、薬事違反の表現を取り下げないサイトは、広告主から広告を提携解除されたりしています。

アフィリエイト広告は今までにはない厳しい環境下で運用をしなければなりません。
規制が強くなる分、広告主側では拡大するのが難しくなるため、アフィリエイト広告は徐々に敬遠をされはじめています。

アフィリエイト広告は増やすと管理が煩雑になる

厳しい環境下にさらされているアフィリエイト広告ですが、この状況を知っていてもアフィリエイト広告を厳格に管理しておかないと、管理が煩雑になります。
アフィリエイトは大きく分けて、広告主の審査が必要なクローズ案件と誰でも広告掲載できるオープン案件があります

今運用しているサイトがASPアフィリエイトサービスプロバイダー)で、オープン案件となっている場合は危険です

ASPに登録していれば、どんなサイトでも広告を掲載できてしまうため、上述した「薬事違反」を平気で行っているサイトに掲載されてしまいます
それが消費者庁の目にとまったおり、消費者が消費者センターに連絡した場合、その責任をとるのは広告主となります。

各サイトが信用できるサイトかどうかは、必ずWEB担当者自身が確認したうえで、掲載されるようにしましょう

また、オープン案件だと、どんどん掲載するサイトが増え、管理が煩雑となりやすいので、クローズ案件にして、各サイトをきんと審査して掲載することがオススメです。

拡大ではなく、件数確保の媒体としてアフィリエイト広告を活用する

アフィリエイト広告はこれから、健康・医療に限らず恐らくGoogleの手により、ますます厳しい状況になることが予想されます。

公式サイトや信用できるサイトのみがSEOで上位を占めることになり、アフィリエイトが拡大しづらくなると考えます。

そこでWEB担当者がとるべき広告運用の戦略としては、他の媒体を運用拡大させ、アフィリエイト広告は今の獲得件数を維持する運用です
維持するだけでも大変だと思いますが、拡大が難しい媒体に労力を割くぐらいであれば、アフィリエイト広告は守りの媒体として、攻めとなる新しい媒体に労力を割くべきです。

インフィード広告、facebook広告、LINE広告など拡大できる媒体はいくつもあります。
その中で、広告代理店とも協力し、広告のポートフォリオを今の状況に合わせて組み直すことが大切です。

今、何で獲得件数が伸ばせるのかをきちんと見極め、売上拡大につながる広告運用を行っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です