上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

転職活動が疲れた、うまくいかない転職活動を成功させる方法!

転職活動をはじめたけど、中々内定がもらえない。。
いつまでこの活動が続くのだろうか・・・

焦れば焦るほど、空回りして、転職活動は失敗。

転職活動がうまくいかないと、段々と疲れが出始めて、次第に活動自体にやる気を失います。

私は誰からも必要とされない人材なのか・・・

そんな自暴自棄になりがちな方に、朗報です!

実は転職活動が疲れた後でも、今の転職活動を見直すことで、最短1ヶ月で転職できます!

私は実際に転職活動のやり方を変えただけで、半年間も内定もらえていなかったのが、たった1ヶ月で内定をもらうことができました。

転職活動を成功させるには、そのポイントが理解できているかどうかです。
決して、自分が誰からも必要とされない人材ではありません。

転職活動を疲れたあなたでも、今から転職活動を見直せば、十分に企業から内定をもらえます。

では、転職失敗続きだった私がどのようにして、たった1ヶ月で内定をもらえたのか、その方法についてお話をします。

転職活動は長期化すると疲れて、やる気が失せる

f:id:mrluckyboy:20180907224832j:plain

転職活動が疲れれてしまう原因は、失敗続きで、転職活動が長期化してしまうからです。

転職活動で、2つや3つの選考落ちは、全く気にもせず、まだまだやる気に満ち溢れて行動をします。

転職活動で失敗が続くと、「自分は誰からも必要とされない人材」とネガティブに考えてしまい、転職活動のやる気がどんどん下がります。
さらに、周りで同じ転職活動をする人が、早々に内定をもらうと、内心はものすごく焦ってしまう。

焦れば、焦るほど、面接で緊張して、余計ないことを言ってしまって、自滅してしまうことも。。
本来、緊張せず臨めば、何てことない面接でも、焦りから自分の力が出し切れず、面接に落ちて悔いが残る結果になり、落ち込んでしまいます。

そんな精神的な状態で転職活動を続けてしまうと、転職活動がうまくいかず、結果、気持ちが疲れてしまうのです。
では、なぜ転職活動がうまくいかず、長期化してしてしまうのか。

実は、転職活動が長期化してしまった原因を知ることで、最短で内定をもらう近道となります

転職活動がうまくいかず長期化してしまう理由

転職の志望理由が曖昧で、転職活動がうまくいかない

f:id:mrluckyboy:20180906235800j:plain

まず、私の転職活動がうまくいかず、長期化してしまう理由は、面接を受ける企業への「志望理由」が曖昧だったからです。

面接官は転職者に次のような志望理由を期待しています。

  • 弊社に転職してどんな仕事をしたいのか
  • 数ある企業の中で、なぜ弊社を選んだのか

この2点しかありません。
逆にこれ以外の志望理由を答えても、面接官にとっては、何も響かず評価を上げることはないのです

転職活動を始めた当初の私は、そんなことは全く知らず、「当日考えれば、何とかなるだろう」と甘い考えで面接に臨みました。

結果・・・当然の「不採用」。

そのあと、いろいろと内定をもらうために、あれこれと考えてみて試してみましたが、一向に内定をもらえませんでした。

考え過ぎて、自分でもよくわからない志望理由を言っているときもありました・・・

でも、面接官が求めている志望理由って、上記であげた2点で至ってシンプルなんですよね。

志望理由が曖昧だと、その企業に転職する意志が弱いと思われる以外に、以下のような印象を面接官に与えます。

  • 普段の仕事もガサツにする人
  • 仕事の準備ができない人
  • 仕事で楽して稼ぎたいと思っている
  • 口だけでその場を凌ごうとする
  • 自分の考えに芯がない

面接官が見るのは、単に志望理由だけではなく、その内容から普段の仕事の姿勢まで評価しています

つまり、私のようにその場で考えたような、ペラペラな志望理由では、やる気がない転職者にしか面接官の目には映らないわけです

これでは内定をもらえるはずもありません。

そんな基本的なことにも気づかなかった私は、面接で失敗し続けて、半年以上も転職活動がうまくいかず、疲れ果てる結果となりました。

www.webcon-investment.com

退職理由が自分勝手すぎて、転職活動がうまくいかない

f:id:mrluckyboy:20180907214220j:plain

転職の面接では必ず、退職理由が聞かれます。
その時に、何でも素直に答えればいいというものではありません。

例えば「上司とうまくいかず、むかついて殴ったら、クビになりました」なんて、退職理由を聞いたら、誰も採用してくれませんよね?

転職活動もうまくいくはずがありません。
先ほどは極端な例でしたが、以下の退職理由も自分勝手な理由だと、面接官に捉えられ、悪い印象を与えます。

  • 仕事量がつらくて、ついていけない
  • 人事異動が嫌だった
  • 社内のコミュニケーションが苦手だった
  • 今の仕事が自分に合っていない

等々。
こららの退職理由は面接官にとって、「自分勝手な人」の印象を与えます。

上記のような理由は、当然どこの会社でも起こりえる話だからです。
これらの退職理由は、決して前向きな理由ではなく、どちらかというと、「安定」を求めた転職理由で、面接官にとっては魅力的な人には映りません。

ただし、「人間関係」に関しては、上司のパワハラ・セクハラなど悪質なものもあるため、一概にすべてが面接官の印象を下げるとはいえません。

実は、私が2回目の転職活動の時、退職理由は人間関係が原因だと素直に伝えました
クソ上司からの嫌がらせで、上司と上手く付き合えず、このまま同じ職場にいても、成長できないと思って、転職をしました。

退職理由も包み隠さず、そのまま伝えています。

でも、転職活動はうまくいきました。
自分の理想的な職場環境を手に入れただけではなく、年収もアップしたので、文句なしの転職でした。

退職理由は理由によっては、素直に伝えても面接官にとって、マイナス評価にならなければ、内定はもらえます。
それは、私が身をもって体感しました。

www.webcon-investment.com

ですが、最初にお伝えしたように明らかに面接官が評価を下げるような理由はNGです
退職理由はきちんと理由を整理したうえで、面接に臨みます。 

職務履歴書が実績が少ないと、転職活動はうまくいかない

f:id:mrluckyboy:20180907225447j:plain

自分の手元に職務履歴書をお持ちの方は、今一度見返してみてください。

職務履歴書の実績内容が、ペラッペラッになっていませんか?

私は転職活動を始めた当初は、書き方が全くわからなくて、もの凄く適当に書いていました。

それは「面接でそれらしいこと話せば大丈夫やろ」といった面接をなめ切った考えがあったからです。

この考えは大きな間違えです。
面接でどうになる話ではありません。

面接官にとって、職務履歴書とは転職者の実績を客観的に判断できる重要な材料だからです。 

面接官が大事にしている材料を、自ら削っているわけですから、転職活動がうまくいくはずがありません。

私はそんなことも理解せず、職務履歴書がペラペラな状態で転職活動を続けました。
その結果、言うまでもありませんが、転職を失敗し続けました。

また、職務履歴書を書くことがない、と言う人もいますが、そんなことはありません。
エクセルで関数が使える、パワーポイントで綺麗なグラフが作れるなど、当たり前に思えるようなスキルも立派な実績として書くことはできます。

勝手に自分で「これはしょうもないから」といって、書いていない実績はありませんか?

何も輝かしい実績だけを書くのが、職務履歴書に書く内容ではありません。
細かい実績も書くことで、その企業にとっては必要な実績となる可能性があります。

まずは、一度自分のこれまでの実績を棚卸することが重要です。
どんな些細なことでも書き出します。
書き出すことで、きっと、意外に自分には実績があることに驚くと思うので、まずは思いつく限りを書き出しましょう。

ただし、新卒入社で1年以内にすぐ退職した人は、きっと職務履歴書を書くのが難しいと悩むと思います。

単純に社会人経験が浅く、実績がどうしても中堅社員に比べると少なくなるからです。
ただ、新卒1年以内でも、工夫次第で転職活動がうまくいくことができます。

以下の記事では、新卒1年以内で退職した人向けの転職活動をご紹介していますので、ご参考にしてみてください。

www.webcon-investment.com

面接でいつもオドオドして、転職活動がうまくいかない

f:id:mrluckyboy:20171001141116j:plain

転職活動でうまくいくには、避けて通れない試練が「面接」です。
転職の面接では基本的に、あなたの仕事に対する姿勢や考え方、人格を評価されます

面接が終始オドオドした態度だと、面接官からの評価はさがります。
どれだけ素晴らしい職務履歴書を用意していたり、自己PRを考えていたりしても、最後の面接で、しくじってしまうと、転職活動は絶対にうまくいきません。

面接官は転職者の人格を、非常に重要な評価点として考えます。

どんな職場環境でも人とのコミュニケーションは必ずあります。
いくら仕事ができる人でも、周りの人とうまくコミュニケーションをとり、仕事を勧めなければ、たとえ小さな仕事でも達成することは難しいでしょう。

会社の中では、1人でできる仕事は少ないです。

だからこそ、面接官は職務履歴書の実績だけではなく、面接を通じて仕事の姿勢や考え方、人格を評価します。

では、なぜ、転職活動がうまくいかない人は、面接でオドオドしてしまっているのか。

それは単純に面接に向けた「準備不足」だからです。

考えてみてください。
例えば、面接官に「明日の大阪の天気は」と聞かれたとします。
きっと明日の天気を答えるらる人は、半分くらいないでなないでしょう。

この結果がわかれた原因は、事前に準備をしていたか、どうかです。
準備していたい人は当然、自信をもって回答することができます。
準備していな人は、その場で考えて適当なことを言って、その場を凌ごうとします。

同じ解答を得たとしても、その答える態度には歴然の差があります。
その差を面接官は見逃しません。

転職者がこの面接に対して、どれだけ熱意をもって臨んでいるのかを面接官は常に見ています。

ただし、何もびびることはありません。

準備をしっかりすることで、面接時の発言に自信が持てます。
自信を持つことで、面接でも毅然とした態度で臨め、それは面接官にとってプラスの評価となります。

転職活動がうまくいかないのは、実はこういった準備不足が原因であることは、よくあるお話です。

 【必見!】転職の面接で絶対に言ってはいけないNGポイント!

自分の強みと弱みが、仕事内容とマッチせず、転職活動がうまくいかない

f:id:mrluckyboy:20180908165450j:plain

面接でどれだけ手応えを感じていても、内定がもらえないことがあります。

そんな時は大体、自己PRで説明する自分の強みと弱みが、転職先の仕事とマッチしていないことがあります。

自分では完璧は自己PRと思っていたとしても、面接官からみると、的外れなアピールであれば、内定をもらうことができません。

もしかすると、その仕事は自分にとってもマッチしていない可能性があります。

そんな時は一度、自分の弱みや強みを活かせる仕事を見直してみるのが良いでしょう
「自分に合った仕事はこれだ!」と自分勝手に思い込んでいるだけで、本当は別の仕事の方が自分に合っていて、面接をいけると案外あっさりと内定をもらえたりします。

自分の長所と短所がわかならい、たった30分で自分の強みを引き出す方法!

自分で探すのが面倒な人は、エージェントサービスを活用するのもオススメです。

無料でエージェントと転職活動について相談できます。
自分の弱みや、強み、職務履歴書の実績からマッチする転職先を提案してくれます。

基本的にスマホ操作だけで、転職活動ができるので、現職を続けながらの転職活動も負担が少なくできます。

私が転職活動に転職エージェントをオススメする理由

自分一人で転職活動をすると、転職活動はうまくいかない

f:id:mrluckyboy:20180908170403j:plain

転職活動がうまくいっていない人の多くは、1人で転職活動をしています

一人で転職活動をすると、なぜ転職活動がうまくいかないのか。
それは、以下のようなデメリットがあるからです。

  • 自己PRや職務履歴書が適切な内容であるか、客観的な判断ができない
  • 求人募集の検索や企業側との調整など、転職活動全般を一人でやる
  • 優良企業が多い、非公開求人に募集できない

多くの転職活動をしている人は、現職を続けながら活動しているでしょう。
そうなると、転職活動ができる時間は限られるし、仕事で疲れた後に転職活動をすることになるので、転職活動を続けること自体億劫になりがちです。

転職活動が面倒だと思ってしまうと、転職活動が長期化する原因になります。

自分一人で転職活動となると活動管理は自分になるため、自分のモチベーション次第で、転職活動が長期化するかどうかが決まります。

自分に対して厳しくなれる人であればいいですが、そうでないなら、自分一人で転職活動をすることが危険です。

また、自分一人で転職活動を続すると、提出書類や面接でのアピールポイントが、その企業にとって有益な情報となっているか、少なくともマイナス評価になる表現が含まれていないかが、自分では判断できません。

あまり興味が低い、転職先に応募する時はいいですが、本命の転職先に応募するときは、万全の準備が必要です。

そんな主観的な内容の提出書類や面接の受け答えでは不安なので、第三者の客観的な評価を受けておくのは、転職活動において必須です。

では、一体誰と転職活動を進めればよいのか。

それは、エージェントと呼ばれる転職活動のプロ集団です。
有名な企業ですと、リクルートエージェントマイナビエージェントがあります。
WEB業界でいいますと、レバテックキャリアです。

これらのエージェントサービスを活用することが、一番の転職活動を最短で内定をもらえることにつながります。

私はちなみにリクルートエージェントを利用しました。
転職を2回しましたが、どちらもリクルートエージェントを利用しています。
色々とエージェントサービスを利用しましたが、リクルートエージェントの質が一番高く、求人募集の数も他に比べると圧倒的に多かったので、2回ともリクルートエージェントを選びました。

【体験談】2回目の転職!リクルートエージェントの口コミ・評判!

エージェントは自己PRや職務履歴書の添削はもちろんですが、転職者と企業側の橋渡しとなるので、企業側への調整も行ってくれます。

転職者の自己PRや職務履歴、転職者の希望転職先を聞いた上で、最適な転職先を随時提案してくれるので、転職者はその連絡を待つだけで済みます。

現職を続けながら転職活動をする人には、非常に効率的に転職活動ができるので、エージェントサービスはオススメです。

私も実際にエージェントサービスを利用して、現職を続けながらも最短1ヶ月で内定をもらうことができました。

そのため、収入が途切れることなく、スムーズに転職しました。

きっと、自分一人で転職活動をしていると、こうもうまく転職活動を進めることはできなかったと思います。

一人で転職活動をしていると、優良企業の多くが求人募集しているエージェントサービスの非公開求人にも出会えていなかったので、転職前よりも条件が悪い転職先にしか、転職できていなかったでしょう。

自分に合った転職先を、最短で見つけるためにも、エージェントと二人三脚で転職活動を進めることがオススメです。

リクルートエージェントのサービスは無料ですので、まずは相談をしてみたいと思っている人も、一度公式サイトにアクセスして、相談してみるのも良いと思います。
全部無料ですので、ノーリスクでエージェントサービスを利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です