上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

未経験のプログラミングの勉強で独学は非効率!最短で一流プログラマーになる方法!

大手メーカー企業でWEB担当者として働くブロガーのじょろです。

昨今、「会社員なんてクソ喰らえ!」ってことで、自営業されたり、フリーランスになったりする方が増えてる一方で、実はシステムエンジニアになる人達が増えています。

なぜ、システムエンジニアになる人達が増えているかというと、
・将来独立を考えている
・手に職をつけたい
・自分のブログやサイトを自分で作りたい
・今の時代にあった仕事だから
といった理由が多いと考えます。

確かにシステムエンジニアは技術職であり、今後も需要は増え続けるので、将来有望な職種であることは間違いないです。

ですが、未経験の方がいきなりシステムエンジニアになれるわけではありません。

未経験からシステムエンジニアになるには以下の方法があります。

  • 独学でプログラミングを学ぶ
  • プログラミングスクールでプログラミングを学ぶ

大体の人が、なるべく安く簡単に始めたい理由から、独学で学ぶことを選択されることが多いです。
ですが、これは大変効率が悪く、参考書でのプログラミングであるため、一人前のシステムエンジニアの技術力としては不十分だったりします。

今回は多くの人が選択される、独学でプログラミングを学ぶことが、なぜ非効率であるかをご紹介します。

未経験のプログラミングで独学が非効率な理由

自分に合う書籍がわからない

まず独学でプログラミングをはじめようと思っときにやるのが、参考書です。

「プログラミングの入門書」みたいな書籍を思いつきで手に取りますが、それが自分のやりたいことに合った書籍であるかは、手を動かしながら読んでみないとよくわかりません。

独学において、参考書代1冊は3,000円ほどするため、繰り返し購入した場合、バカにならない費用がかかります

何の言語が必要かわからない

システムエンジニアとして何をやりたいかによって、プログラミングで使用する言語が異なります。

プログラミング言語も、C言語、Java、C#、JavaScript、PHPなどさまざまな言語が存在します。
各言語にはそれぞれ役割があり、使用用途に応じて使い分けて記述をします。

やりたいことがあっても、それが何の言語でできるのかを調べるのにも、未経験であれば大変です。

各言語の難易度もわからないので、やってみて自分に合わなかったら読むのをやめたりすると、その分参考書も必要になったりしますので、費用はかかってきます

プログラムの組み方を誤った考え方で覚える

プログラムの組み方は実践を通しながらでしか覚えることはできません。

そこで未経験の方が、独学で学んだ方法でプログラムを組むと大抵は、画面は正常に表示されたり、処理ができたりしても、ものすごく重たくなっていたり、余計なプログラムに干渉しているような書き方になっていたりします。

1人で作るプログラムであれば、自己責任で大きな問題にはなりませんが、プロジェクトで作るプログラムは一つのバグで大きな損失を与えることがあります。
特にネットショップのサイト制作になると、個人情報を取り扱うため、一つのミスが命取りになります

プログラムの組み方一つで、そういった重大な問題を引き起こす原因となります

また、本当は一つのプログラムで処理できるのを、何個もプログラムを作って実現したりと、余計なプログラムをつくりがちです。
処理自体は正常に動いているため、それを正しいと思ってしまうのですが、実際にはその組み方が誤っていたりします。

それを正してくれる人、教えてくれる人がいなくて、独学でやっていると、こういった誤ったプログラムの組み方を覚えたまま、プログラミングをやり続けてしまうことになります。

エラーの対処に膨大な時間がかかる

独学で一番しんどいのが、エラーが出たときの対処法です。
聞く人がいないので、基本的にはネットで原因を調べて、自力で解決するしか方法はありません。

ネットで調べると膨大な情報がでて、未経験だと全く同じエラーで言語も同じであることが確認できてから、エラーの対処を試すといったことになると思います。
プログラミングに慣れていないと、エラーの対処だけで、1日2日かかることもざらにあります

エラーの対処がうまくいかなくなって、途中でプログラミングを挫折する人は非常に多いです。
未経験のプログラミングで一番最初の壁として、エラーの対処が立ちはだかります。

未経験でも短期間で効率的に一人前のシステムエンジニアになる方法

未経験かつ独学でプログラミングを習得するのは、非効率的で習得までにかなりの時間を要します。
また、エラーを繰り返したり、「こうしたい!」と思っていても、うまくプログラムが動かず、心が折れて挫折することもしばしば。。

本当にシステムエンジニアとして飯を食べていくのであれば、効率的かつ正しいプログラミング技術を習得する必要があります。

そこで、オススメなのがプログラミングスクールです。
もし、転職を考えていたり、独立を考えていたりするのであれば、WebCampPROがオススメです

WebCampPROは専属でサポートをしてくれる人が常駐していて、質問があればすぐに答えてくれるサポート体制が整っています

最初の面談では、自分がやりたいことに対して、どういったプログラミング言語が合っているかなどあなたに合った学習プランを提案してくれます。
しかも、ほぼ実践のようなプログラミングを学べるので、未経験でも一人前のシステムエンジニアになることができます。

さらに、転職保証のサービスがあって、転職率100%を誇っています
仮に転職に失敗した場合は、受講料全額返金のサービスなので、受講者はノーリスクでプログラミングを受講することができます

効率的にプログラミングを学習できるので、たった3ヶ月で未経験からシステム会社でも十分に通用するシステムエンジニアに成長できるんです

是非、未経験でシステムエンジニアとして働きたい、独立したいと考えている方は一度お試しください。
無料で相談だけでも受けられるので、WebCampPROはオススメです。

f:id:mrluckyboy:20171217154907p:plain
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です