上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

【暴露】元WEBディレクターの年収や上がり幅を公開!実は1000万円以上の高給取り!?

ネットショップや企業サイト、最近ではキュレーションサイトなどWEBサイトの需要が高まる一方で、WEBディレクターの需要も高まっています

 

未経験の人でも、WEBディレクターを目指して転職したり、フリーランスでWEBディレクターとして活躍したりする人もいて、WEBディレクターはまだまだ需要がある

職業といえるでしょう。

 

なぜ、そんなにもWEBディレクターを目指す人がいるのか。

単に需要があるといった理由だけではなく、「WEBディレクターの年収が高い」といったことも人気がある理由となっています。

 

WEBディレクターの年収ってそんなにもらえるの?

 

もらえます。

私の職場では、WEBディレクターで年収1000万円以上ももらっている人もいるほど、はっきり言ってWEBディレクターは高給取りです。

 

私も元々WEBディレクターとして約3年半働きましたが、未だにその年収を超える仕事には出会えていません。

 

ただ、WEBディレクターの仕事は激務なので、楽して稼ごうと思っている人には、はっきり言って向きません

 

www.webcon-investment.com

 

激務なんて気にせず、お金を稼ぎたい!といった人に、WEBディレクターは向いていると思います。

 

私がWEBディレクター時代だった年収や年収の上がり幅をみて、「夢がある!」と思った人は、WEBディレクターを是非、目指してください。

私のWEBディレクターの年収は約3年半で400万円から650万円と1.6倍に上がった

 WEBディレクターと聞いて、まず皆さんがイメージされるのはどんなことでしょうか?

 

  • 最先端な仕事
  • 激務

 

真っ先に思い浮ぶのは、こんなイメージではないでしょうか。

 

確かにどちらもWEBディレクターの仕事イメージとしては合っています。

 

ですが、実際に現場で働いた私のイメージは他にあります。

 

それは、WEBディレクターは「結構稼げる仕事」です。

 

よく他のサイトでご紹介されているのは、「ブラック企業」「安月給」などあまりイメージが良いものではありません。

確かに働く企業によっては間違っていないかもしれませんが、実は働く場所によってWEBディレクターの年収は大きく異なります。

 

私も新卒入社した会社で約3年半をWEBディレクターとして働きました。

最初の年収が400万円で、3年半後には650万円と約1.6倍にまで上がっていました

 

3年半でここまで上がり幅がある仕事は早々ないと思います。

もちろん、不動産業や証券などの営業職ではこれでも安いかもしれませんが、WEBディレクターの仕事で見ると、かなりの高給です。

 

きっと大手メーカー企業でも3年半かけて、年収の上がり幅はせいぜい30万程度ではないでしょうか。

ましてや新卒採用からの3年半となると、年収の上がり幅はそこまで期待できないものだと思います。

 

ですが、WEBディレクターは新卒入社でもたった3年半で年収を650万円まで伸ばすポテンシャルがある仕事なのです。

 

それは私自身がWEBディレクターとして経験したことなので、はっきりと言えることです。

 

WEBディレクターは役職がつきはじめると、更に年収が上がっていきます。

 

WEBディレクターの役職別年収はいくらなのか

WEBディレクターの一般社員で年収は400万円だった

私が新卒入社でWEBディレクターとして働いた時、最初はもちろん一般社員でした。

その時の年収が400万円でした。

正直、この年収が新卒入社した時の年収としては低いのか、高いのかはわかりません。

 

一般的に大手企業のWEBディレクターの平均的な年収は500万円程度といった情報もあるので、決して少なくはない年収とはいえそうです。

 

当時は一切、そんな平気年収との差は気にしていませんでした。

気にするほど、余裕がなかったのが正直な気持ちです。笑

 

冒頭で述べましたが、WEBディレクターははっきり言って激務です。

世間一般で言うところの、ブラック企業でしょう。

WEBディレクターの仕事は何もしなくて、定時に帰って、給料がたくさんもらえるといった甘いものではないのは確かです。

 

www.webcon-investment.com

 

激務ではありますが、その分給料は高いです。

だからこそ、WEBディレクターの需要は毎年高い状態にあるのです。

 

新卒入社して最初の1年~2年は、年収なんて気にせず、本当に馬車馬のように仕事をしました。

 

WEBディレクターの主任になると年収は650万円になった

WEBディレクターとして3年目になった時、主任となりました。

その時の年収が650万円とびっくりするぐらい増えました。笑 

 

 

なぜ、たったの1年で年収が一気に260万円も増えたのかは、後ほどご紹介します。

 

年収650万円がどれくらいの企業の年収かと言いますと、大手メーカー企業の30代後半~40代前半の役付の人がもらえる金額と同じぐらいです。

 

つまり、WEBディレクターで3年しか働いていない若造が、サラリーマン歴20年以上の大先輩と同じぐらいの年収だということです。

 

私の父親に年収を明かした時には、「俺よりもらってる」と笑いながら言われましたが、これが本当かどうかはわかりません。笑

 

ですが、間違いなく周りの同世代のサラリーマンと比べると、年収は高かったといえます。

 

この時ぐらいから、調子に乗って毎週バーに通いはじめて、毎回3,000円ぐらいですが、お酒に使っていました。笑

 

WEBディレクターの係長・課長で年収は750万円~900万円になる

WEBディレクターで係長・課長になると、年収は大体700万円~800万円だそうです。

私は主任どまりで実際に、係長・課長の給料をもらっていないので、当時の上司から聞いた話ですが、それぐらいはもらっていたようです。

 

WEBディレクターの課長は、飲み会を開催する度に、毎回支払いをしてくれました。

北新地のお店にも何度か連れて行ってもらい、メニューに金額が書いていなくて、一人びくびくしていましたが、普通に課長がカードで支払い、ご馳走してもらっていました。

だから、毎回課長のお誘いには元気よく「行きます!」と答えていたのを覚えています。笑

 

課長だけではなく、係長も結構な年収をもらっているので食事にいけば必ず奢ってくれました。

 

当時の係長はWEBディレクターとして稼いだ年収と、自社株も持っていたので、それを合わせると課長以上の年収だったことを知って、お店では一番高いものを頼むようにしていました。笑

 

WEBディレクターとしてここまで上り詰めると、普通に生活してる分には全くお金に困らないです。

家族がいても、自分一人で養っていけるほど、経済力はあるといえます。

ちなみにですが、WEBディレクターの課長は30代で、係長は20代後半です。

 

WEBディレクターで働く人の年齢は若いので、30代になって役職なしの人は、私の職場ではいませんでした。

 

私自身もたった2年間しか働いていないのに、3年目には主任になったぐらいですからね。笑

 

WEBディレクターで取締役になると年収は1000万円以上

WEBディレクターで取締役まで上り詰めると、その年収は1000万円以上となっていました。
何でそんなことを知っているかというと、事業部長と飲みに行ったときに、年収がいくらぐらいなのかを聞いてみると、年収1,000万円以上とぽろっと話したからです。笑

 

皆さんも上司の年収が知りたい時は、上司に酒をたらふく飲ませて、酔っ払ってもらってから、さりげなく聞いてみましょう。笑

 

それはさておき、WEBディレクターの仕事で年収1,000万円以上もらえるなんて、サラリーマンとして夢がありませんか?

 

年収1,000万円となると医者であったり、弁護士や建築士など士業でないと手にできないような年収です。

 

それが単なるサラリーマンでその年収に到達できるなんて、私はWEBディレクターの仕事には夢があると思いました。

 

ただし、取締役となると一握りの人間しかなれないため、上り詰める人と、万年課長といった人に分かれます。

この差は実力以外にも上司からの信頼や人望で勝ち上がっていくしかありません。
実績やスキルは本当に拮抗しているからです。

 

私がWEBディレクターで年収が高かった理由

f:id:mrluckyboy:20180929132302j:plain

私と同じWEBディレクターとして働く人からは、「そんな給料高くない」「副業でもしてるんだろ」「フリーランスでしょ」といった声が聞こえてきそうなので、私がWEBディレクターで年収が高かった理由をご紹介したいと思います。

 

ちなみに、これまでご紹介したWEBディレクターの年収は、フリーランスや副業で得た年収ではなく、純粋にサラリーマンでもらった給料の年収です。

なので、誰でもそれを得るチャンスはあるといえば、あります。(求人募集があればですが・・・)

 

何のごまかしもなく、単純な理由なので、逆に今の仕事で参考になるような情報ではないと思います・・・が、ご参考にどうぞ!

 

WEBディレクターの仕事が売上連動型の完全成果報酬だった

新卒入社でもWEBディレクターとして年収が高かった一番の理由は、給料が売上連動型の完全成果報酬といった会社の制度だったからです。

 

これが何かといいますと、営業職とほとんど同じ考えなんです。

違いは、新規営業はないぐらいで、既存顧客に追加受注をもらいに営業するなど、営業職とほとんど変わらない仕事をしていました。

さすがに、顧客情報の登録とか営業管理とは違ったものですが、それでも一人一人のWEBディレクターには売上ノルマがあり、それを達成することが目標とされていました。

 

WEBディレクターは売上目標を達成すると、その分給料が歩合制で高くなり、基本給に上乗せさせれるわけです。

基本給が決して安い金額ではなく、普通に手取りでも20万円~25万円程度はもらっていました。

そこに上乗せされるので、ノルマ達成をすれば、ほとんどのWEBディレクターが年収400万円は手にすることができます。

 

では、売上目標を達成しなければ、どうなるのか。

普通に怒れます。笑

怒られますが、頑張ったら頑張った分だけ、給料が上がっていき、年収も上がるので、モチベーションは高く仕事ができていました。

 

ただ、何もしなくても、手取りで20万円~25万円はもらえるので、それで十分と思っている人には、怒られるとモチベーションが下がって、仕事が嫌いになるかもしれません。

 

とにかくお金を稼ぎたい人にとっては、最高の制度だといえます。

 

WEBディレクターは成果によって、四半期に一度インセンティブがもらえた

WEBディレクターだからではなく、恐らく私が働いた企業だからこそ設けられた 制度だと思いますが、WEBディレクターは成果によって上司から評価を受け、四半期に一度インセンティブがもらえる制度がありました。

 

インセンティブと聞くとちょっとした報酬に聞こえますが、支給される最高額は50万円です。

 

しかも、夏と冬のボーナス以外に支給されるのがインセンティブだったので、もし最高額を四半期で全部獲得したら、その総支給額は200万円です。

これにボーナスを足してみてください。

大体300万円程度で、基本給を足すと年収は700万円ぐらいです。

さすがに、最高額の50万円を毎回取る人はいませんが、それでも四半期ごとのインセンティブの金額はバカになりません。

 

基本給+ボーナス2回+インセンティブ4回といった給料体系でWEBディレクターとして働く私の年収は、主任になった時、一気に上がりました。

 

WEBディレクターは深夜残業が多く、残業代が多かった

 WEBディレクターは年収が高くて良い仕事に見えるかもしれませんが、何度も述べているように激務です。

 

WEBディレクターは単純に楽して稼ぐ仕事ではありません。

残業なんて当たり前ですし、私が働いていた企業は裁量労働制で残業代はあらかじめ月に2万円と支給額が決まっていました。

夜10時までは何時間残業しようが、金額は一律に2万円です。

 

きっと残業代が1時間で2000円程度もらえる企業なら、残業代だけで20万円弱はもらえます。笑

ですが、そういった企業では残業の規制が厳しいので、実際にはそこまで残業はせず、5万円~6万円程度が残業代として、もらっていると思います。

 

WEBディレクターは違います。

夜9時59分まで毎日頑張って働いた人と、18時で定時退社した人の残業代の額は同じなのです

 

ですが、あくまでそれは夜10時までのお話。

定時に退社できればいいですが、WEBディレクターは終電まで働きます。笑

 

つまり、夜10時~12時まで働く人は、通常の残業代に上乗せで深夜残業代が支払われます。

残業代よりも圧倒的に深夜残業代の方が高く、その深夜残業代が結構な金額になりました。

当然徹夜で仕事をすることもあったので、恐らくですが、残業代だけで高卒で働いた人の給料以上の額はもらっていたと思います。

さすがに20万円は超えませんでした。笑

 

つまり、私は基本給+残業代+深夜残業代+ボーナス2回+インセンティブ4回の給与で年収650万円に到達しました

逆に言えば、そこまで働いても650万円かよ!って思われるかもしれませんが、新卒入社3年では比較的年収は高かった方だと思います。

 

WEBディレクターは激務だけど稼げる

 

これまでWEBディレクターは稼げる仕事であることをご紹介してきました。

新卒入社でたった3年半しか働いていない私でも、年収は650万円です。

 

WEBディレクターは短期間で稼ぎたいと思っている人には、ぴったりな仕事かもしれません。

 

ただし、どこのWEBディレクターでも稼げるわけではありません。

私と同じように売上連動型の成果報酬やインセンティブなど、なるべく多く給与が稼げる会社で働く必要があります。

 

はっきりいって、会社選べを間違えると、WEBディレクターとして稼ぐことは困難です

 

会社選びを間違えなければ、今回ご紹介したように、WEBディレクターでも十分に生活には困らない年収を稼げます。

 

 

WEBディレクターで稼ぎたいなら、WEB専門のレバテックキャリアがオススメ

f:id:mrluckyboy:20180901143115j:plain

WEBディレクターに転職して、とくにかく稼ぎたい人は、WEB専門のレバテックキャリアがオススメです。

 

 

レバテックキャリアはWEB業界専門の転職エージェントサービスで、大手企業の求人募集も数多く掲載されています。

 

転職実績が豊富で、私の同僚もレバテックキャリアにお世話になり、今ではWEBディレクターで年収700万円も稼いでいます。

 

レバテックキャリアは専属のエージェントがサポートしてくれるので、そのエージェントに希望年収を伝えて、自分に合った転職先を提案してもらいます

 

レバテックキャリアはWEB業界ではNo1の求人募集の数を誇り、一般的には公開されていない優良企業が多く掲載する非公開の求人も多く紹介してくれます。

 

WEBディレクターの転職を考えているなら、まずレバテックキャリアを登録しておくのがオススメです。

 

レバテックキャリアは面倒な登録作業も1分以内にできて、登録も無料なので、手軽に求人募集を見ることから始めることができます

 

是非、転職サイトをうまく活用して、WEBディレクターで稼ぎましょう!

f:id:mrluckyboy:20171011220630p:plain

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です