上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

未経験でWEBディレクターに転職する有利な志望動機はコレ!

未経験でもWEBディレクターに転職ってできるの?
答えは簡単です。転職できます。

実際に未経験で転職したWEBディレクターもいて、転職後も苦労をしながらも今は立派なWEBディレクターとして活躍しています。

ですが、未経験でWEBディレクターに転職したいなら、普通に転職活動をやっていては、採用される確率が低いのは確かです。

転職活動で実績だけが評価されると思っていませんか?
それは大きな間違いです。

未経験でWEBディレクターに転職したいなら、「志望動機」が一番大事です。

実績はいらないとは言いませんが、採用担当者が気にしているのは、「この人は我が社でどんなことで貢献したいのか」です。
つまり、「私を採用してくれたこんな良いことがあるよ!」を具体的に伝えることで、採用するメリットを与えます。
メリットが大きければ大きいほど、採用担当者が不採用を出した時の損失が大きいと感じるため、採用される確率がグッと高くなります。

採用担当者にとっては、長所や短所、実績も大切な情報ですが、志望動機はそれ以上に価値がある情報なんです。

特に未経験者は経験者と違って、WEBディレクターとして実績がない分、志望動機にすべてがかかってるといっても過言ではありません。
未経験でWEBディレクターに転職するからこそ、志望動機を徹底的に考えて、採用担当者にとって有益な情報を提供することが大切です。

今回は、未経験でも転職で有利になる志望動機の考え方、例文についてご紹介します。

未経験でWEBディレクターに転職する有利な志望動機

志望動機では未経験でWEBディレクターに転職したい理由を伝える

WEBディレクターに限らず、企業側は未経験でも積極的に採用するところが増加してきています。
それは、転職希望者のポテンシャルを考え、企業側にとって有力な人材となりえると考えているからです

そこで大事になってくるのが「志望動機」です。

未経験でも企業が「この人、ポテンシャルあるな」と判断する一番の材料は「この会社で働く意欲が高いかどうか」です
つまり、どれだけこの企業に転職したいかを熱く語ることで、転職の成功率は格段に高まります。

転職理由は当然ながら、その企業の求人募集に沿った内容が良いです
それからそれた内容を伝えてしまうと、「働く意欲がない」であったり「会社のこと知らないな」とマイナス評価となるため、避けましょう。

まずは転職したい熱い思いを語れる、転職理由を作成しましょう。

志望動機では未経験でも今何ができるのかを伝える

未経験であっても、前職で培った何かしらのスキルがあるはずです。

電話対応、ツールの活用、コミュニケーションなどなど洗い出せば、意外とあるものです。

特に当たり前だと思っていた作業や知識が、実はその企業にとっては価値が高いものだったりすることは結構あります

また、趣味で活かせるものでも結構です。
その企業にとって有益になりそうなものは全て志望理由として使えます。

自分が今持っている知識や技術・ノウハウを洗い出したあとは、転職先候補の求人募集にあてはめられないかを考えます。

あてはまれば、それは今未経験であってもあなたがその企業で即戦力としてできる武器となります。

WEBディレクターとしては未経験でも、今まで培った分野を活かした仕事となれば、あなたの方が現役WEBディレクターにも勝るものとなります。

それらを考えた上で、転職時の面接では、今あなたがその企業でできる仕事してを伝えます。

志望動機ではWEBディレクターに転職後のキャリアアップを具体的に伝える

より転職の成功率を上げるなら、転職後にどういったことを今後やっていきたいか、キャリアプランを伝えましょう。

先程述べた「何ができるか」はあなた以外の転職希望者も必ず準備して、面接に臨みます。
ですが、転職後のキャリアプランまで考えている人は少ないです。

もし、希望する転職先で転職希望者が多そうであれば、キャリアプランは差別化ポイントとして非常に有効です

キャリアプランは、例えば、サイト制作のディレクションだけではなく、広告運用やSEO対策などサイト運用も経験したいなどより具体的な内容がベターです。
これにはWEBの仕事ではどういったものがあるのかを事前に調べる必要があります。
調べた上で、自分がしたいことを伝えましょう。

当然ですが、嘘はオススメしません。

本当は嫌だけど転職できるなら・・・と思ってしたくもない仕事を伝え、転職したとして実際にその仕事を任された時が地獄です。

転職後に理想的な環境で働きたいと思うのであれば、無理してしたくもない仕事をしたいと伝える必要はありません。
結局、転職後に失敗するからです。

転職は転職後も楽しく仕事ができるかどうかです。

転職がゴールではありません

そこを間違えてしまうと、転職後のギャップでまた退職して転職活動をすることになっていしまいます。

面接官が志望度の強さを測るWEBディレクター特有の質問例

WEBディレクターになって、作ってみたいWEBサイトは何か?
面接官は未経験でWEBディレクターに転職したいなら、何かWEBサイトを作ってみたいと思っているのが普通だと考えています。

面接では聞かれることを前提に、どんなWEBサイトを作りたいかは考えておきます。
例えば、ユニクロのWEBサイトやトヨタ自動車など。

もちろん、単に作りたいWEBサイトだけ伝えても、不十分です。

必ず「なぜそれらのWEBサイトを作ってみたいと思ったのか?」もセットにして考えておきます。
ここで詰まってしまうと、WEBディレクターに本当に興味があるかどうかが疑われてしまいます。

少しでも疑われないように、自然に受け答えできるようにしておきます。

WEBディレクターは残業が多いけど大丈夫か?

WEBディレクターの残業時間は、ほとんど会社で残業時間が多いです。
必ず「残業多いけど大丈夫?」と質問されます。
その時に表情が少しでも曇ってしまうと、悪い印象を与えてしまいます。

WEBディレクターになるなら、残業は避けられません。
ましてや、未経験でもWEBディレクターになるなら、どうしても仕事が遅くなりがちなので、そこは「大丈夫です!」と元気に答えるのが正解です。

未経験でWEBディレクターに転職する志望理由例

私は前職では営業職で、主に日用雑貨を販売してきました。
営業職だった私がWEBディレクターに興味を持ったのは、これからの時代はネットショップでの販売が主流となると思い、色々と勉強をするうちにWEBサイトの仕事に魅力を感じ始めましたからです。
そんな時に、御社ではネットショップを手がけた実績が多く、未経験でも採用している求人を拝見して、応募いたしました。
また、「今後は主力のアパレル業界以外にも拡大したい」という文言を見つけ、自分のこれまでの日用雑貨の営業経験を活かした新たなネットショップを作り、会社に貢献したいと思っています。
ポイント
異業種だからこその強みを伝え、自分しかできない仕事をアピールできています。
また、今後の会社の動向にマッチした自分のやりたい仕事内容を伝えているのもポイントとして大きいです。

複数の転職サイトで志望動機を添削してもらう

志望動機に自信をもてない時は、転職サイトを利用しましょう。

ほとんどの転職サイトでは志望動機をデータ送付することで、添削をしてくれます。
その企業の求人募集に合ったかたちで、添削をしてくれるので、非常に便利です。

客観的な視点から志望動機を見てもらうことで、自分よがりな志望動機になっていないか、企業が求める求人から逸れていないかといったことが軌道修正できます。

より志望動機の精度を高めるのであれば、転職サイトの添削サービスの利用は必須です。

転職サイトを上手く活用すれば、未経験でもWEBディレクターに転職できる

未経験でもWEBディレクターに転職できると伝えましたが、自分一人で転職活動をするとなると正直、大変だと思います

志望動機もそうですが、職務履歴書の書き方、面接の対策といった転職活動で、何一つノウハウがないからです。

転職経験がなく一から自分でノウハウを積み上げるのは大変です。

その道のプロにサポートしてもらうのが転職を成功させる一番の近道であり、転職サイトをしましょう

転職サイトの中でも特にオススメなのがエージェントサービスのある「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアはWEB専用の転職サイトで、業界No1の求人募集が掲載されています。

WEBに特化しているので、WEB業界に精通しているエージェントさんが対応してくれますし、企業側もエージェントさんを信頼しています。

エージェントさんは企業側との調整はもちろん、職務履歴書の添削や面接の対策、さらに社内事情も教えてくれるので、転職活動がスムーズにできます。

特に社内事情、例えば有給の取得状況、離職率、職場の雰囲気など企業サイトや転職サイトでは掲載されていないような情報も公開してくれるので、非常に転職に役立ちます

また、企業側には遠慮して聞けないことも、エージェントさんを通して聞くことで、転職後のギャップが起きずに済みます。

レバテックキャリアは実績も十分で、しかもWEBに特化していることもあり、未経験でもWEBディレクターの転職を成功させてくれること間違いなしです

レバテックキャリアは登録は無料でできますし、1分以内に登録作業も終わるので、手軽に始めることができます。
すぐにエージェントさんが対応してくれるので、是非、ご興味がある方はお試しください♪
⇒⇒WEB専門の転職サイト「レバテックキャリア」の公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です