上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

転職の面接で失敗しない自己PRの必勝法!

転職は就職活動と違って、選考内容が多くの企業では書類選考と面接の2つだけです。
当然ですが、企業セミナーやグループワークなんてものはありません。

書類選考もエントリーシートではなく、履歴書と職務履歴書の2つだけです。
書類選考は書き方のコツさえわかっていれば、非常に通りやすいです。

転職時の履歴書の趣味・特技欄の空欄はNG!書くべき内容はコレ!

職務履歴書については、企業の募集要項とマッチしていることが多いため、職務履歴書で躓くことはなく、大体の転職者が書類選考を通過し、面接へと進みます。

ここまでお話するとおわかりいただけていると思いますが、転職で一番重要なのが面接です
面接で自己PRをどのようにするかで、勝敗は大きく分かれます

転職者の中には面接時の自己PRに対して苦手意識を持っている人が非常に多いです。
でも、それって間違っているんですよね。

面接時の自己PRで、勝敗を大きく分ける要因は何だと思いますか?

それは、自己PRの必勝法を知っているか、知っていないかの差です。

実は、転職を失敗しない自己PRができる人は、面接官が求める情報を的確に伝え、印象付ける必勝を知っています
>私も実践をしましたが、すんなりと面接を通過することができ、見事、転職をすることができました。

是非、ここでは皆さんに役立つ、転職の面接で失敗しない自己PRの必勝法を伝授いたします。

面接の自己PRで失敗するのは、準備ができていないから

f:id:mrluckyboy:20180901140253j:plain

転職の面接では、聞かれる質問はほとんど決まっています
つまり、質問内容を想定して、準備しておけば粗方面接の対策ができます。

特に自己PRに関しては、変化球を投げてくるような質問はなく、ほとんどが「では、今までどういったお仕事をされてきたか、自己紹介も兼ねてお願いします。」といった内容になります。
これって、テスト問題と同じで、繰り返し練習をしておけば済む話ですよね?

そうなんです。
実は転職の面接で行う、自己PRはたっぷりと事前準備ができる時間があり、きっちりと対策をすることで、誰でも完璧な自己PRをすることができます

この自己PRの準備を疎かにしていると、転職の面接は受かりません。
それはなぜか。

自分で準備できることを、準備しなかったと面接官の目には映るわけです。
その行動から、面接官は転職者に「この人は仕事でも準備を疎かにする人」と評価をされます。

いきなり、面接がはじまってすぐに評価を下げられるのは嫌ですよね・・・
でも、就職活動と違って、転職はそれほどシビアなのです。

特別なこと何もありません。
面接の自己PRを前もって準備しておけばいいだけです。

ですが、自分と同じ転職希望者も当然ながら準備をしてきます。
そこで、必要なのは自己PRの伝え方や伝える内容を少し工夫をすることです。

他の転職者と差別化できる工夫を、しっかりと自己PRとして盛り込み準備をすることが、まずは転職の面接で失敗しないために必要なことなります。

転職の面接で失敗しない自己PRの必勝法!

自分の強みと弱みはポジティブに伝える

f:id:mrluckyboy:20180901143115j:plain

面接の自己PRで一度は必ず聞かれる質問で、「自分の強みと弱みは何ですか?」。

これは就職活動でも鉄板の質問です。
この質問の意図としては、転職者が客観的に自分が評価できているかを図るために、面接官が必ず聞くことになっています。

自分の強みと弱みを伝えるポイントはたったの3点あです。

  • 強みと弱みは1個ずつ伝える
  • 弱みはポジティブにも捉えられる内容を伝える
  • 自意識過剰な強みやネガティブすぎる弱みは言わない

ここで一番重要なのは2点目の「弱みはポジティブにも捉えられる内容」であることです。

例えば、以下のような弱みはネガティブではなく、ポジティブにも捉えられるものになります。

  • 慎重になりすぎるところがあり、何事も調べて考えてからではないと、行動できない。
  • 感情の抑揚が少なく常に冷静なところがあり、感情表現が苦手。

後向きな発言に聞こえがちですが、IT企業や映像制作など職人、クリエイティブなど技術職には非常にポジティブに捉えられる傾向にあります。

面接官の捉え方によっては、

  • きちんとリスクを考えて行動ができる人
  • 感情に左右されず、冷静に物事を判断できる人

転職者は職人気質があると、面接官にはポジティブに評価されます。
この伝え方は非常に効果的です。

ですが、ここで問題が一つあります。

そもそも自分の強みや弱みが何であるかわかっていないことです。
「面接の時に何とかなるだろう」と思って、面接に臨むと痛い目をみます。

思った以上にまとまらなかったり、思い付きで話すので、マイナス評価に繋がる内容を伝えたりしてしまうことはよくあることです。

自分の強みや弱みは事前に明確にしておく必要があります。
もし、自分の強みや弱みがわからいのであれば、リクナビNEXTのタダでできる自己診断サービスを試してください
かなり精度が高いですので、診断結果の情報をもとに、自分の強みや弱みをまとめてみましょう。

自分の強みと弱みはまとめておくと、また転職活動をするときに使える情報なので、データかメモに残して、保存しておきましょう

私は転職を2回していますが、1回目に使った自分の弱みと強みをそのまま使っています。
準備する時間が短縮できます。 

自己PRの最初の一歩は自分の強みと弱みの明確にすることです。
ここは面倒がらずに、しっかりとまとめましょう。

自分の長所と短所がわかならい、たった30分で自分の強みを引き出す方法!

これまでの経歴や実績については簡潔に伝える

f:id:mrluckyboy:20180901173115j:plain

転職の面接で、自分の経歴や実績を職務履歴書のとおり、ツラツラと一から十まで話す人がいますが、それは絶対にダメ!

ついつい、「自分は能力があります!」を伝えたいばかりに、説明が長くなり、聞いている人の気持ちを疎かにしがちです。

経歴や実績は全部を伝える必要は全くありません。

それは職務履歴書を通じて伝えればよいです。
全部伝えてしまうと、職務履歴書を音読していることになり、面接官からすると「書いてあるから、もう知ってる。」といった印象を与えます。

自己PRで話す経歴や実績は、一番伝えたいポイントだけに絞り、それをアピールポイントとして面接官に伝えることが重要です

ここで一番伝えたいポイントは、その面接官が欲しがる情報です。
つまり、募集要項とマッチしたあなたの経歴が、評価の高い情報になります

それ以外の情報は、面接官の印象に残りづらく、また面接官ではそれの良しあしが判断できません。
なので、頑張って伝えても、面接官にとってはゴミとなる情報になります。

自己PRをうまくするには、面接官の欲しがる情報にマッチした経歴を話します。

その情報を明確にするためには、募集要項をみたり、その企業のホームページをみて、その会社のことを知ることです。
何に困っていて、中途採用を実施しているのかを考えます。

そうすると、きっと面接官が欲しい情報が見えてきます。

面接は恋愛と同じです。
好きな女性に自分を好きになってもらうためには、その女性の趣味とか色々調べますよね?
それと全く同じです。

相手に良い印象を与えたいなら、相手のことをまず知ることが大切です

それさえわかってしまえば、あとはそれに合わせた自分の経歴と実績の中で、伝える情報をまとめるだけです。

試してもらうとわかりますが、単に経歴と実績を一から十まで伝えるのと、相手を知った上で情報を伝えるのでは、面接官の反応が全く異なります。

面接の自己PRでは余計なことは言わない 

f:id:mrluckyboy:20171104133405j:plain

転職の面接で失敗しない秘訣として、自己PRでは余計ないことは言わないに徹します。
つまり、面接官に聞かれた内容、事前に自己PRで用意した内容以外は話さない

自己PRに自信がない人は、「とにかく何かしゃべらないと!」と思いすぎるあまり、聞かれていない余計な情報までペラペラとしゃべります。

余計な情報を伝えて思わぬ墓穴を掘ってしまったり、マイナスな印象を与えてしまい、面接で自己PRが失敗することはよくあることです

また、面接官は「転職者が論理的に話せるか」といった視点でも、面接を評価しています。
その視点から考えると、ダラダラと文脈もなく、思い付きで話す続ける転職者のイメージは最悪です。

自己PRで余計な情報を伝えてることに何のメリットもありません
たくさんしゃべったから評価が上がることもありません。

面接官が知りたい情報だけを簡潔に伝えて、余計な情報を伝えないのが、一番評価として高くなりやすいです

 【必見!】転職の面接で絶対に言ってはいけないNGポイント!

面接前に自己PRの内容をエージェントに相談する 

f:id:mrluckyboy:20171026211649j:plain

自分一人で、自己PRを考えてしまうと、どうしても主観的な意見だけで、客観的に見たときに伝え方やその内容が適切であるかの判断が難しい。

そこで、非常に便利かつ効果的なのが、自己PRをエージェントと相談することです。

エージェントで代表的なサービスは、リクナビエージェントやマイナビエージェントがあります。
転職経験社であれば、誰もが一度は登録するサービスです。

転職エージェントのサービスに関する詳しい内容は、以下の記事でご紹介しています。

私が転職活動に転職エージェントをオススメする理由

エージェントと事前に自己PRを相談することで、転職のプロからみた客観的評価を受けることができるので、より精度の高い自己PRができます。

もちろん、このサービスは無料です。
なので、いくらでもエージェントの自己PRについては相談することができます。

自分が納得するまで、自己PRの精度をあげることで、面接時の自信は大きく異なります。

もし、少しでも自己PRに不安があるのであれば、一度エージェントのその自己PRを見てもらい、アドバイスを得て修正しましょう。

転職の面接で失敗しない一番大事なのは準備!

これまで転職の面接で失敗しない自己PRの必勝法をご紹介してきましたが、一番大事なのは最初にもお伝えしたとおり、準備です。

私がお伝えした自己PRの必勝法も、すべて準備ありきのお話です。
当日でいきなり、組み立てた自己PRでは、全く通用しません。
面接官も面接のプロであるため、そんな薄っぺらい自己PRはすぐに見抜かれます。

転職の面接のチャンスは一度きりです。
失敗すれば、次はありません。

絶対に受かりたい!
そう思っている企業の面接では、特に自己PRの準備はしっかりと行い、自信になるまで自己PRの精度を上げておきます。

準備の精度が、そのまま自信に繋がります。

是非、自分に合った職場環境を手に入れるためにも、面接の準備は怠ることなく、転職活動をしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です