上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

WEBディレクターにオススメの4つの資格はこれ!

皆さん、WEBの仕事にエンジョイしてますか?
ブロガーのじょろです。

WEBディレクターの仕事の役割は一般的に、サイト制作の管理がメイン業務といわれていますが、最近では多岐にわたっています。
例えば、コンテンツの制作をしたり、写真撮影をしたり、サイトの分析をしたり、SEO対策したり。

企業によっては、WEBディレクターでありながらもサイト運用も業務として行うことが多いため、ディレクション業務のみに特化することはありません。
なので、WEBディレクターはディレクション以外にも常に自分の知識を高める習慣が必要です。

でも、中々自分がどれだけの知識量をもっていて、業務をこなす上で、それが十分に満たしているかはわからないですよね?

そんな時に、自分の知識を図る意味で資格が良い目安となります。
企業側からみても、資格があることで、その人の知識量を把握することができますので、プラスになることは間違いありません。

今回は私が実際に勉強して良かったと思った、WEBディレクターにオススメの資格をご紹介します。
また、未経験者でWEBディレクターの仕事に転職されようと考えている方にも、転職時に有利となる資格となりますので、是非ご参考にしてみてください。

WEBディレクターにオススメの資格

WEBリテラシー検定

WEBディレクター、WEBデザイナーに関わる最重要知識だけを集めて、その業務にかかわる人達の標準知識を高めるための試験です。

  • 未経験者がこれからWEB業界に関わる人
  • WEBディレクターやWEBデザイナーとして知識の幅を広げたい人
  • 他業界ではあるが、実務でWEB担当者となり、最低限のWEB知識を学びたい人

これらの意志を持つ人達には非常にオススメです。

私も新卒で入社した際に、上司から自分の知識レベルを上げるために、まずWEBリテラシー検定を勧めてもらいました。
最終的に試験は受けなかったのですが、一通り勉強して、いわゆるWEB業界では常識と呼ばれる知識は身につきました。

今、業務に携わっている人が必ずしも必要なものではないのですが、勉強しておいて損はないです。
普段、要件定義しかしていない人も自分の知識を広げるには、オススメの検定です。

また、これから未経験でWEBディレクターに転職しようとしている人は、取得していると有利になるでしょう
未経験というだけで、経験者と転職で競い合う上で、実績がない分、こういった資格は有効です。

WEBリテラシー検定の公式サイトはこちら↓

Webリテラシー | Web検定(ウェブケン)

マーケティング・ビジネス実務検定

WEB業界に限らず、マーケティングに関する基礎知識及び応用知識があり、実務におけるマーケティングでの戦略立案、意思決定ができる実務者であることが証明できる資格です。

WEBディレクターであれば、マーケティングの知識は必須です

WEBサイト制作において、クライアントの強み・弱み、競合他社の状況、市場の需要トレンドなどさまざまな観点から、WEBサイト制作のコンセプトを考えなければなりません。
この知識がなければ、良いWEBサイト制作はあり得ないのです。
特にメーカー企業のWEBサイトを制作する際は、マーケティングの知識をフル活用します。

私は今食品メーカーのWEB担当者を務めていますが、商品の開発や既存商品のプロモーション強化を議論する際は、必ずマーケティングの知識が必要となります

メーカー側の都合で商品を開発する企業はどんどん減り、今はマーケティングした結果をもっ商品を開発する、いわゆる顧客志向型で商品開発する考えにシフトしています。

マーケティングが重要視さえる昨今では、マーケティング・ビジネス実務検定は有効な資格となります。

  • 新商品をもっと販路拡大したい
  • 新商品の開発、定番商品のリニューアルで成功させたい
  • 新たな勝ちクリエイティブ(訴求)を打ち出したい
  • マーケティング業務に興味があり、基本的な知識を勉強したい

こういった人達には非常にオススメな資格です。

WEBリテラシー検定と同様に、転職時に有利となる資格になりますので、是非、資格を受ける受けない別にして、マーケティングに関わっている人、これから関わりたい人には呼んでいただきたいです。

マーケティング・ビジネス実務検定の公式サイトはこちら↓ 

Googleアナリティクス個人認定資格(IQ)

Google社が無料提供しているWEB分析ツール「GoogleAnalytics」の習熟度を測る試験です。

未経験者がWEBディレクターに転職をする際、転職をかなり有利にします
ほとんどの企業がこの分析ツールを利用していますが、それを使いこなせる人は少ないからです。

例えば、訪問者数(UU数)やPV数、コンバージョンなど一般的なGoogleアナリティクスの分析方法を知っている方は多いですが、より深く分析する方法は実は知らないことが多いです。

・特定のランディングページからのコンバージョン数と離脱率
・特定ページから遷移したページの遷移率
・かご落ち率
・特定ページのデバイス別コンバージョン率

などなど、Googleアナリティクスは無料でありながらも、かなり詳細に分析することができます。

「あの分析データがみたい」と思っていても、見方がわからないって人は結構います。
それはWEBディレクターやメーカー企業のWEB担当者であってもです。

だからこそ、Googleアナリティクス個人認定資格を有する人は、企業側から見ても「お!」となる資格で、かなり重宝されます

未経験でWEBディレクターへの転職で不安に感じている人は、この資格を取って自信を持ちましょう!
実務経験者と対等にも戦える資格となりますので、是非オススメです。

Googleアナリティクス個人認定資格(IQ)の公式サイトはこちら↓

Google アナリティクス初級者向けコース

資格で理想的な職場環境も手に入る確率は上がる

資格がなくても、WEBディレクターにはなれます。
それは以下の記事でもご紹介していますので、気になるかはこちら↓

【衝撃】未経験でWEBディレクターには転職できない!?あなたが今すぐやるべきこと!

ですが、資格を持っていて損をすることはまずないです。
資格によっては社内・社外にとって唯一無二の存在にもなることができ、会社や取引業者から特別な存在として評価されます。

例えば、先程のGoogleアナリティクスの資格も、分析のプロフェッショナルとして、チームリーダーを任せられることもあります。
資格がなければ、会社側はリーダーとしての素質があるのかどうかは、普段の業務を見ていないとわからず、基本的に部長以上の人達はそこまで見ていません。
そこで役立つのが資格です。

「資格を有する=その業務の知識・技術が条件を満たしている」と誰がみてもそう判断できるので、非常に有効です

それは転職においても同じです。
転職で話す実績の話などは、その人の口から出た情報、もしくは職務履歴書に書いた内容を企業側が信じるしかなく、雇うかどうかは賭けではあります。
実は、ディレクションできますといいながらも、ずとアシスタントをしていたかもしれません。
それは本人のみぞ知ることです。

ですが、資格は違います。

資格はその人の知識・技能レベルを証明することができますので、企業側も信用することができます
その結果、他の転職志願者と比べて、転職を有利に進めることができるのです。

是非、今回オススメした資格を今後の活動のご参考にしていただければと思います。

私が今までWEBディレクターとして培った経験が評価され、転職を成功させたお話はこちら↓

WEBの転職サイトで年収50万円アップ!仕事が楽しくなった転職体験談!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です