上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

〈すぐできる!〉WEBディレクターの転職で成功させる3つの秘訣

皆さん、WEBの仕事にエンジョイしてますか?
WEBディレクターから今はメーカー企業のWEB担当責任者に転職した、ブロガ―のじょろです。

この記事を読まれている方は、少なからず今勤めている会社を辞めようとしていて、転職を考えている方だと思います。

中々、転職活動がスムーズに進まなくて、焦っている・・・
転職活動が初めてで、何をやっていいのかわからない・・・
そんな悩みを抱えているのではないでしょうか。

私も転職する当時は同じような悩みを抱えていました。
でも、転職ってコツさえわかれば、そんなに難しいことではないことがわかりました。

もちろん、何もしないで転職することはできません。
それなりのことはしないといけないのですが、「やばいやばい」と焦らなくても、しっかりと対策を行えば、理想的な職場環境は手に入ります。

私が転職で理想的な職場環境を手に入れたお話はこちら↓ 

WEBの転職サイトで年収50万円アップ!仕事が楽しくなった転職体験談!

今回は私が実際に転職をする際に、「これだけはやる!」と実践したポイントをご紹介します。
きっと、あなたの転職活動もスムーズにいけるはずです。

WEBディレクターの転職で陥りやすいポイント

転職で一番苦労するのは、「時間の確保」です。

「会社を辞めたい!」と思っていても、中々上司に言い出せなかったり、求人募集を探す時間がなかったり。
現職を続けながらの転職活動ともなると、本当に時間がありません。

私も転職当時は7時に始業、23時に終業だったので、行き帰りの電車の中で求人を探していました。
家に帰るともうくたくたで、とても「さぁ!転職活動するぞ!」といった気にはなれず、そのまま眠りにつくのがいつもでした。

「会社を辞めたい!」と思いながらもダラダラと転職活動が続き、知らない間に半年以上も経っている・・・
そんあ焦りが私にはありました。
「結局、転職せずにここに残るのか?」といった考えさえ出てきました。

転職活動には、求人募集を探す意外にも、職務履歴書を書いたり、その企業のリサーチをしたり、面談の対策をしたりとやることが結構多いんですよね。

折角の休日を転職活動に使うのも気が引ける・・・
そんな考えで転職活動をしていたので、ダラダラと続きました。

自分だけで転職活動をすると、本当に効率が悪いです
その結果、転職活動ができない悪循環となります。

でも、逆に効率よく活動ができ、対策の時間が確保できれば、転職活動はスムーズにできるといえます

仕事にノウハウがあるように、当然ながら転職活動にもノウハウがあります。
それを知っているか知っていないかの違いで、効率面では大きな差が生まれてしまうのです。

転職当時の私は、そのことに気づくのが遅かった。。

だからこそ、皆さんには私のような同じ過ちを犯してほしくないので、転職活動のコツをこれからご紹介します。

WEBディレクターの転職で短期間で有利に進めるコツ

自分自身の強みを見つける

転職をするにあたって、まずは「一体自分がどういった人間なのか。どういった仕事が得意なのか」といった自分の強みを見つけましょう。
面談時には必ず必要となりますので、「転職したい!」と思った日からまず取り掛かるべきです。

自分ではよくわからないこともあると思うので、第三者の意見をもらうのがオススメです
特に相談にのってくれやすい、同僚や先輩社員、もしくは友人や家族など客観的に、自分が一体何を得意としているのかを意見を募ってみましょう。
思わぬとろこが、自分の強みとして見つかることがあります。

実はそれが企業が求める人材だったりするので、あまり自分一人では考えず、周りの意見にも耳を傾けてみましょう。

実績をなるべく数値で並べる

面接時の一番のアピールポイントは、これまでやってきたあなたの実績です
これは先程の自分の強みと違って、非常に説得力のある情報となります。

特にこれまでサイト運用をしたことがある人であれば、以下のようなアピールとなります。

・売上を120%アップ
・アクセスを200%アップ
・スマホでの購入数を3割から、6割に増加
・リピート率を35%~45%にアップ
・購入率を3%~5%アップ

などなど、恐らくかなりの数が列挙されると思います。

これらを一度ざーっと並べてみて、自分が転職を考えている企業にどの情報が伝えるべきものかを判断していきます。
特にECサイトを運営する企業での面談では、非常に有効です

また、そういった分析や運用をできるWEBディレクターはWEBに力を入れている企業であれば、喉から手がでるほど欲しい人材となります。
私も面談時には、上記のような実績数値をベースに自分の職歴についてアピールしました。
その結果、今はメーカー企業のWEB担当者として、理想的な職場環境で毎日仕事楽しくしています

「そんな話せるほどの実績ない・・・」と困る方もいるようですが、何かしらあるはずです。
自分では思いつかない場合は、自分の強みと同様に周りの意見も聞いてみましょう。

意外なところに自分が残した実績が転がっていたりするものです。

転職エージェントを複数登録する

恐らくこの記事を読んでいただいているあたなは、転職を少なからず考えているはず。
転職サイトを登録して活用していると思いますが、いくつ転職サイト登録していますか?

心の中で「1つ」と答えた方は、すぐに複数の転職サイトを登録しましょう

転職サイトは山ほどあるのですが、特にWEB業界で働きたいと思っている方はWEB専門の転職サイトがありますので、それらを中心に登録するとよいです。

転職サイトによって、掲載されている求人情報が異なります
特に非公開となっている求人情報は、条件が良い求人情報が多いため、転職サイトは必ず複数登録することをオススメします。

でも、転職サイトって何を選べば良いのかわからない

そう悩んでいる方もいると思います。転職サイトは山ほどありますので。
私が転職サイトの中でもオススメなのが、エージェントサービスがある転職サイトです

エージェントサービスは転職活動全般をサポートしてくれて、現職を続けながらも非常に効率よく転職活動を進めることができます。
自分に合った条件の求人募集の提案や職務履歴書の添削、企業側との調整、面談の対策など。
エージェントさんがほとんどやってくれるため、私のように始業が早く終業が遅い人には、非常にオススメです

私が実際に転職時に利用したオススメの転職サイトはこちら↓ 

WEBの仕事を辞めたい、転職したいあなたが登録すべき3つの転職サイト

転職は効率よく進めることが大切

転職活動は時間との闘いです。
求人情報も無限にあるわけではなく、良い条件の転職先からどんどん掲載がなくなっていきます

「あ!あの求人募集良かったのに、なくなってる・・・横暴しとけばよかった」
こんな思いしたことありませんか?
私はあります。

先程ご紹介したように、私自身、転職を考えはじめてから半年間は全然転職活動は進みませんでした。
その間に見逃した求人は数しれず・・・
中には良かった求人募集もありました。

機会を逃した分、自分の理想的な職場環境に出会える可能性をどんどん減らしていくことになります

時間は止まってはくれません。

現職続けながら忙しくて、中々時間がとれないと悩んでいる方は、すぐに転職サイトをご利用ください
エージェントさんをうまく活用することで、忙しくても転職活動をスムーズに進めることができます。

私が実際に転職を成功させた転職サイトは「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアはWEB専門の転職サイトで、もちろんエージェントさんが専属でつきます。
業界No1の求人募集の数を誇るため、きっとあなたにも理想的な職場環境が見つかると思います

私自身が実際に利用した転職サイトであるからこそ、レバテックキャリアを安心してご紹介できます。
レバテックキャリアに関する詳しい情報は以下の公式サイトで↓

f:id:mrluckyboy:20171011220630p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です