上司が嫌で転職しても年収50万円UP!?

新卒1年目の悩み解決!今すぐ先輩社員に好かれる5つの行動!

皆さん、WEBの仕事にエンジョイしてますか?
ブロガーのじょろです。

今回はWEB業界で働く新人向けに書いた記事になります。

そのテーマはズバリ!
新人の悩み解決!今すぐ先輩社員に好かれる5つの行動!

これ、めっちゃ大事です!
決してふざけてる訳ではなく、真剣に考えて書きました。

これからの社会生活の中で、おそらく当分は身近な存在であり、指導者として君臨し続けるのが「先輩社員」です。

この先輩社員に嫌われてしまうととんでもないことになります。
特に女性が働く場では、無視やイライラ、八つ当たりなんてものは日常茶飯事のようにあります。
側から見ていても、明らかに嫌いな後輩社員に対しては態度が違う姿を見せます。

これは実体験で色々と見てきましたので、特に女性社会では本当に恐ろしいです。。
男にない怖さを感じました。。

なので、男性もそうですが、先輩社員に好かれることは、これからの仕事でも必ず必要となります。
もちろん、天性で好かれる人もいますが、人間関係を築くのが苦手な人もいるので、そういった方向けに今回は記事を作成して見ました。

これからの職場関係を良くするための情報として、ご参考にしていただければと思います。

では、早速ご紹介します。

先輩社員への報告・連絡・相談を徹底する

先輩社員に好かれるかどうかの最も大切な行動がこの報告・連絡・相談で、いわゆるホウレンソウと呼ばれるものです。

これをおろそかにしてしまうと、先輩社員からの信頼が失われ、二度と大事な仕事は任せてくれないなど、今後の仕事への影響が大きくなります。

先輩社員と絆を深めたり、信頼を得るにはまず、報告・連絡・相談を徹底しましょう。
何でもかんでも自分1人で進めるのは危険です。

先輩社員も新人の動きを知りたいですし、その習熟度によって新たな仕事も任せてもらえるようになります。

また、先輩社員は後輩社員から相談されると、頼られていると思い、素直に嬉しいものです。
新人が先輩社員に好かれるには実績よりも、まずは信頼関係を構築することが最重要となります。

報告・連絡・相談を徹底して、先輩社員と良好な関係づくりをしましょう。

先輩社員と仕事終わりに飲みに行く

最近の新人では少ない行動のようですが、仕事終わりに先輩社員と飲みに行くことで、ぐっとコミュニケーションを高めることができます

やはり職場だけのお話ですと、その人の本性が中々見えづらく、また堅苦しい話が多いので、関係が深まらないことが多いです。

そこで新人がより先輩社員に好かれるための行動が、仕事終わりにその先輩社員と飲み行くことです。

「行くのが面倒」と思われてしまうかもしれませが、これが効果抜群なのです。

やはり仕事上だけだと割とドライな関係になりがちで、色々な仕事の場面で相談しづらかったり、理解できなかったことをもう一度聞くのもためらったりするなど、仕事が円滑に進まないことがあります。
先輩社員と仕事終わりに飲みに行くと、普段話せない仕事の悩みも話せたりして、信頼関係は強くなります

ご紹介している方法は恋愛成功術ではないので、そのあたり間違いがないように(笑)

先輩社員の仕事ぶりを褒める

人は評価されると素直に嬉しいものです。
先輩社員も例外ではありません。
先輩社員を褒めたとき、表面上は「別に大したことじゃない」と言っていても、内心は「よっしゃああああ!」って思ってます。

私は後輩社員から褒められたとき、顔には出しませんでしたが内心そう思っていました(笑)

ただし、これには気を付けておかなければならない点があります。
それは最初にお話しした「報告・連絡・相談」がきっちりできている関係が前提となります。

尊敬でも何でもそうですが、信頼の上にすべては成り立っています。

全く信用していない人から褒められてもうれしくないですよね?
それと同じで、「報告・連絡・相談」は先輩社員との信頼関係の証ともいえます。
それができない新人では、先輩社員からは信用されません。

新人ですので、まだ仕事ができるできないよりも、言われたことを徹底してやることが大切ですので、まずはきっちりとしましょう。
そのうえで、先輩社員を褒めるとより好かれて、今後の仕事もやりやすくなります。

先輩社員が忙しい時に面倒な作業を手伝う

これは貸し借りの心理でもあるのですが、先輩社員の雑務や面倒なデータ抽出・分析、レポート作成など面倒な作業を引き受けると先輩社員から好かれる傾向にあります

「あいつは気の利く後輩社員」だと周りにもその評判を広めてくれるため、非常に出世がしやすくなります。

これは今までご紹介してきた好かれる行動の中でも、どんな先輩にも通用する一番好かれる行動となります。

人は誰かに貸しをつくると、返さないといけない心理も働き、先輩社員が優しく接してくれます。
また、自分の負担を減らしてくれた後輩社員は、自分にとって戦力になる社員だと思うので、自然と好かれます。
他の部署からも信頼を得ることもできるため、出世する上では非常に有効な手段となります。

ただし、勝手にやって全く違うアウトプットした場合は、逆に評価を下げる結果にもなりますので、先輩社員から受ける仕事はきちんとアウトプットは何かを把握したうえで、行いましょう。

上司の前で先輩社員を立てる

最後5つ目の行動になりますが、上司との会議でさりげなく先輩社員をたてることが好かれる行動となります。

あまりにも強引にいくと、逆効果になってしまうので、上司から例えば「最近、仕事はどう?」や「仕事に慣れてきたか?」といった質問に対して、先輩社員のおかげとなる内容を盛り込むことで、上司の先輩社員に対する指導評価が上がります。

そうすると、先輩社員も悪い気にはならず、また話の内容で自分が良い先輩だと感じるため、非常に効果はあります。

これをスムーズに言えるとベストです。
言葉がつまったり、考えながら話していると、逆に先輩社員に気を使ったコメントをしているみられ、先輩社員からも評価を下げられてしまいます。

もちろん、心にも思ってないことには言葉がつまってしまいますが、これからも先輩社員とうまくやっていくには、こういった上司と話す場で先輩社員を立てることも大切です。

まとめ

今回は社会人なりたてホカホカの新入社員向けに、今すぐ先輩社員に好かれる5つの行動をご紹介してきました。
おさらいしますと、先輩社員から好かれる行動は以下のとおりです。

  • 先輩社員への報告・連絡・相談を徹底する
  • 先輩社員と仕事終わりに飲みに行く
  • 先輩社員の仕事ぶりを褒める
  • 先輩社員が忙しい時に面倒な作業を手伝う
  • 上司の前で先輩社員を立てる

上記行動を日ごろから意識することで、先輩社員からはすぐ好かれることになるでしょうか。

先輩社員から好かれることで得られるメリットは以下があげられます。

  • タイミングを図らなくても、わからない点をすぐ聞ける仲になる
  • 先輩社員が丁寧に教えてくれる
  • ステップアップとなる仕事を任せてもらえる
  • 上司や他部署に対して「仕事ができる後輩」だと報告してもらえる

他にもたくさんありますが、パッと思いつくだけでも、これだけのメリットがあります。
なので、先輩社員に好かれることで、自分のスキルアップと出世にも繋がるため、仲良くなるに越したことはありません。

是非、先輩社員に好かれる後輩社員となることを、まずは目指して一人前のビジネスマンになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です